素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑧ 
 

【原文】帝曰:善。夫百病之生也、皆生於風寒暑湿燥火、以之化之変也。経言盛者瀉之、虚者補之、余錫以方士、而方士用之、尚未能十全、余欲令要道必行、桴鼓相応、猶拔刺雪汚、工巧神聖、可得聞乎②?岐伯曰:審察病機、無失気宜③、此之謂也。帝曰:願聞病機何如?

岐伯曰:諸風掉眩、皆属於肝。

諸寒收引、皆属於腎。

諸気鬱、皆属於肺。

諸湿腫滿、皆属於脾。

諸熱瞀瘛、皆属於火。

諸痛痒瘡、皆属於心④。

諸厥固泄、皆属於下。

諸痿喘嘔、皆属於上。

諸禁鼓慄、如喪神守、皆属於火。

諸痙項強、皆属於湿。

諸逆衝上、皆属於火。

諸脹腹大、皆属於熱。

諸躁狂越、皆属於火。

諸暴強直、皆属於風。

諸病有聲、鼓之如鼓、皆属於熱。

諸病腫、疼酸驚駭、皆属於火。

諸轉反戻、水液渾濁、皆属於熱。

諸病水液、澄清冷、皆属於寒。

諸嘔吐酸、暴注下迫、皆属於熱。

故大要曰、謹守病機、各司其属、有者求之、無者求之、盛者責之、虚者責之、必先五勝、疏其血気、令其調達、而致和平⑤、此之謂也。

【注釈】①夫百病之生也、皆生於風寒暑湿燥火、以之化之変也:多くの疾病の発生は、風寒暑湿燥火の変化によるものである。「之化之変」とは、~の変化のことで、ここは、風寒暑湿燥火という六気の変化を指す。

②経言盛者瀉之、虚者補之、余錫以方士、而方士用之、尚未能十全、余欲令要道必行、桴鼓相応、猶拔刺雪汚、工巧神聖、可得聞乎:医経に言う、盛者(実証)に瀉法で治療、虚者(虚証)に補法で治療。私は、この方法を医工(中国古代の医事制度による官員の1つ)に教え、医工がこのように使用したが、十分な効果を得られなかった。私は、これら重要な理論を普及し、しかも「拔刺雪汚」という工巧神聖のように、「桴鼓相応」的(相応な)効果を得られて欲しい。このような望聞問切の診察方法や技巧を聞かせて下さい。

③審察病機、無失気宜:疾病の発生と発展変化の機理を審察の時、気宜を失ってはおけない。「気宜」とは、六気主時の規律を指す。六気と時節が相応であれば、人は健康である;六気と時節が不相応であれば、人は病気になる。

④諸風掉眩、皆属於肝~諸痛痒瘡、皆属於心:凡そ風病、震顫や眩暈は皆肝に属す。凡そ寒病、収引拘急(四肢・両脇・小腹に多く現れる、ひきつり痙攣)は皆腎に属す。凡そ気病、喘急胸悶は皆肺に属す。凡そ湿病、浮腫腸満は皆脾に属す。凡そ熱病、神志昏迷、肢体抽搐は皆火に属す。凡そ疼痛掻痒の瘡瘍は皆心に属す。

鬱(ふんうつ)とは、胸部満悶、呼吸不利、気機鬱閉の肺気上逆の症状である。

瞀瘛(ぼうせい)とは、意識がもうろうとして手足が拘縮し痙攣する症状である。

*「諸風掉眩、皆属於肝~諸嘔吐酸、暴注下迫、皆属於熱」を「病機十九条」という。「諸、皆」とは多数の意味である。

故大要曰、謹守病機、各司其属、有者求之、無者求之、盛者責之、虚者責之、必先五勝、疏其血気、令其調達、而致和平:故に『大要』が言う、謹んで病機を把握して、その所属の関係を観察し、邪気があるもの、邪気がないものを探求するべき、実証も虚証も詳細に研究するべきである。先ず、五気の所勝を分析して、その気血の疎通し通暢させる、それで平和に戻される。

【説明】本段は、五臓、六気及び上下部位の病変に常見する症候と機理をまとめ、そして、著名なる病機十九条を提出したうえ、その重要性を述べている。これらは中医弁証の基本的な方法の一部である。なお、中医の病機学説の理論基礎の土台となり、後世医学の発展及び臨床実践に重要な意義を示している。
 
病機十九条は、定位・求因・弁性などいくつの方面から、病機を分析の方法し示した。
 
病機十九条は一部の病証を纏めたものであるが、簡略であり、十分に正確ではないので、後世、歴代の医家はそれを補充や発展させたりしている。特に金元四大家の一人である劉元素が著した『素問元気現病』、『素問病機気宜保命集』などは、素問の病機十九条について詳しい説明や補充したうえ、臨床に合わせ、病理・診断・治療など多方面から独特な見解を提出している。

(李)


[PR]
# by jbucm | 2017-06-19 11:50 | 中医学 | Comments(0)
 今年4月15・16日に行われた「国際中医薬膳師」、「国際薬膳調理師」認定試験の結果がでました。下記の通り(合格者の受験番号)ご案内いたします。

  CRACM-J17-001 CRACM-J17-002 CRACM-J17-003 CRACM-J17-004 CRACM-J17-005 CRACM-J17-006 CRACM-J17-007 CRACM-J17-008 CRACM-J17-009 CRACM-J17-010 CRACM-J17-011 CRACM-J17-012 CRACM-J17-013 CRACM-J17-014 CRACM-J17-015 CRACM-J17-016 CRACM-J17-017 CRACM-J17-019 CRACM-J17-020 CRACM-J17-021 CRACM-J17-022
CRACM-J17-023 CRACM-J16-039 CRACM-J16-081

  CRACM-J17-C03 CRACM-J17-C05 CRACM-J17-C06 CRACM-J17-C07 CRACM-J17-C08 CRACM-J17-C09 CRACM-J17-C10 CRACM-J17-C11 CRACM-J17-C12 CRACM-J17-C13 CRACM-J17-C14 CRACM-J17-C15 CRACM-J17-C16 CRACM-J17-C17 CRACM-J17-C18 CRACM-J17-C19


  合格証書及び成績表が届き次第、郵便局・書留で皆様の手元へ発送致してますので、あと数日お待ち下さい。

  ちょうど本日に、もう一つ嬉しいニュースが入っておりまして、2年前に卒業された大橋明子さんが書いた『
しあわせ野菜レシピ』という本は、料理本のアカデミー賞といわれている グルマン世界料理本大賞でグランプリ受賞しました! (←こちらをクリックすると、大橋さんのブログをご覧になられます。)

   大橋さん、本当におめでとうございます!


   グルマン世界料理本大賞については、こちらをご覧ください。
 
  それでは、これからも、皆様のご活躍を期待しております。

(教務担当 李)


[PR]
# by jbucm | 2017-06-04 15:35 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

体質養生②

こんにちは、周です。今回は体質養生②を紹介します。

第2節:体質差異を形成する原因と分類
体質差異を形成する原因
A先天素因 「稟賦」のことである。遺伝や胎児が母体の中に発育・栄養状態を含む。
B性別素因 男女の解剖的な構造や体型、生理機能・特徴の違いがある。一般的な説では、男子性多剛悍、女子性多柔弱、男子以気為重、女子性以血為先(男性は剛悍の性情で、気は重要である、女性は柔弱の性情で、血は重要である)。「婦人之生、有余於気、不足於血」と≪霊枢・五音五味≫に記述している。
C年齢素因 年齢は人体の構造や生理機能と新陳代謝に影響を与える。「老壮不同気」と≪霊枢・営衛生会≫に記述している。
D精神素因 情志の異常変化は臓腑を及ぼす。「怒傷肝、喜傷心、思傷脾、憂傷肺、恐傷腎」と≪素問・陰陽応象大論≫に記述している。
E地理・環境素因 人類はほかの生物と同じように客観的な環境の中に変異を起きる。違った地域の風土・気候・飲食・物産・居住等々生活習慣が体質の形成を重大の影響を与える。これは重要の要因である、しかも複雑である。これらについての記述は≪素問・五常政大論≫≪素問・異法方宜論≫にある。

体質の分類
A陰陽五行分類 ≪霊枢・陰陽二十五人≫にこう述べている:体型・肌色・認識能力・情感反応・意志強弱・性格静躁及び季節気候の適応力等々差異により、木・火・土・金・水という五大類型に分ける。また、五音の太少・左右の手足の三陽経の気血が頭面四肢(頭・顔・手足)に反映されている生理特徴により五類型に分ける。計五五二十五型(五×五=二十五)。
B 陰陽太少分類 ≪霊枢・通天≫にこう述べている:人体が「稟賦」した陰陽之気の多少により、太陰之人・少陰之人・太陽之人・少陽之人・陰陽之人という五類型に分ける。
C稟性勇怯分類 ≪霊枢・論勇≫にこう述べている:人体臓気の強弱・稟性(性情)の勇怯・体型・生理特徴により、二類型に分ける。心・胆・肝機能が旺盛、体型が健壮であれば勇敢な人に分類される。心・胆・肝機能が衰弱(衰減)、体型が痩弱(虚弱)であれば怯弱な人に分類される。
D体型肥痩分類 ≪霊枢・逆順肥痩≫にこう述べている:肥人(太る)・痩人(痩せる)・肥痩適中(ちょうどいい)という三類型に分ける。また≪霊枢・衛気失常≫にこう述べている:肥人の中から膏型・脂型・肉型の三型に分ける。

現代中医学では、陰陽・気血津液の虚実盛衰により正常体質と不良体質にという二大類型に分ける。体力強壮、面色(顔色)潤沢、眠食(睡眠と食事)均佳、二便(大小便)通調、脈象正常、明らかな陰陽気血の偏盛偏衰がない者は正常体質である。反対に明らかな陰虚、陽虚、気虚、血虚、痰湿、陽盛、血瘀などの傾向者は不良体質である。この分類法は実用体質分類法と称する。
[PR]
# by jbucm | 2017-05-29 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

体質養生①


こんにちは、周です。今回は体質養生①を紹介します。

体質養生とは中医理論に基づいて、異なる体質に相応する養生方法と措置をとって体質の偏向を正して(体質改善)防病延年(疾病を予防して長寿する)という目的を達成することを指します。
(注:体質は遺伝的な素因と環境要因との相互作用によって形成され、個々人の総合的な性質である)

第1節:体質学説と養生
古くから体質を研究されてきました。ここでは中医学の角度からの論述を紹介します。≪内経≫は中医体質学説の理論根拠であります。≪内経≫は(体質)個人差を注目し、人の体質を分類しました、≪霊枢・陰陽二十五人篇・通天篇≫に2種類体質の分類法を提起しました。また、≪素問・異法方宜論≫に東・南・西・北・中という「五方」は地域・環境・気候や住民の生活習慣によって異なった体質を形成され、異なった病症も罹り易く、だから治法は違うと指摘します。後世の医家は≪内経≫の体質学説基礎理論をベースにして更に展開します。例えば朱丹渓の≪格致余論≫に「凡人之形、長不及短、大不及小、肥不及痩、人之色、白不及黒、嫩不及蒼、薄不及厚。而況肥人多湿、痩人多火。白者肺気虚、黒者多腎不足。形色既殊、臓腑亦異、外証雖同、治法迵別也。」と述べています。葉天士は体質と発病どの関係を研究し、≪外感温病篇≫に「吾呉湿邪害人最広、如面色白者、須要顧其陽気……面色蒼者、須要顧其津液……」(治法には体質に気を配らなければならない)と強調しています。呉徳漢の≪医理輯要・錦嚢覚後篇≫に「要知易風為病者、表気素虚。易寒為病者、陽気素弱。易熱為病者、陰気素衰。易傷食者、脾胃必虧、易労傷者、中気必損。」と言っています。これらは不良体質が発病内因であり、体質はある致病要因(病気に罹り易いかどうか)を決定するであることを説明しています。これは因人摂生(人によって摂生する)という重要な理論根拠となっています。

体質は固定不変ではなく、外界環境や発育条件と生活条件の影響を受けて変化すると認識されています。不良体質に対して、周囲環境の変化・労働と生活条件の改善・飲食栄養及び身体鍛えを増強する等々、積極的な養生措置を通じて(疾病)抵抗力を高め、偏っている体質を正して、防病延年の目的を達成させます。
[PR]
# by jbucm | 2017-05-15 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑦ 
 

【原文】帝曰:幽明何如?岐伯曰:兩陰交尽故曰幽、兩陽合明故曰明、幽明之配、寒暑之異也①。帝曰:分至何如?岐伯曰:気至之謂至、気分之謂分、至則気同、分則気異、所謂天地之正紀也②。

帝曰夫子言春秋気始于前、冬夏気始于後、余已知之矣然六気往復、主歳不常也、其補瀉奈何③?岐伯曰:上下所主、隨其攸利、正其味、則其要也、左右同法④。『大要』曰:少陽之主、先甘後咸;陽明之主、先辛後酸;太陽之主、先咸後苦;厥陰之主、先酸後辛;少陰之主、先甘後咸;太陰之主、先苦後甘。佐以所利、資以所生、是謂得気⑤。

【注釈】①兩陰交尽故曰幽、兩陽合明故曰明、幽明之配、寒暑之異也:太陰と少陰が交わし尽きる時を「幽」と言い、太陽と陽明の合う時を「明」と言う。幽と明を陰陽に合わせて、寒と暑の分かれになる。

つまり、幽は陰の極りで明は陽の極りである。「寒往則暑来、暑往則寒来」、四時の往来を総じて陰陽寒暑に分けることである。

至則気同、分則気異、所謂天地之正紀也:至(夏至と冬至を指す)の気は同じ、分(春分と秋分を指す)の気は異なる、(この二至と二分は)いわゆる、天地の正常な気化紀時の綱領である。

  「」とは極まりの意味があり、夏至(陽)と冬至(陰)の気候はそれぞれの季節(夏季と冬季)と同じ気であるから、「至則気同」という。春分の気候は寒から温に転じ、陰から陽に変わる;秋分の気候は熱から涼に転じ、陽から陰に変わるから「分則気異」という。

夫子言春秋気始于前、冬夏気始于後、余已知之矣。然六気往復、主歳不常也、其補瀉奈何:先生は、春秋の気が前に始まり、冬夏の気が後で始まることは、私は知っている。然し、六気の往復運動や、主歳の時は固定してないから、その補瀉はどうなる?

上下所主、隨其攸利、正其味、則其要也、左右同法:司天と在泉の気が主る時間によって、その適宜に従い、薬味の正確に選択することは治療の法則である。左右の気の治法も同じです。上下」は司天と在泉の気を指す。「攸利」は適宜という意味である。

『大要』曰:少陽之主、先甘後咸;陽明之主、先辛後酸;太陽之主、先咸後苦;厥陰之主、先酸後辛;少陰之主、先甘後咸;太陰之主、先苦後甘。佐以所利、資以所生、是謂得気:『大要』は曰く:少陽の主歳に、先に甘で瀉し、その後咸で補す;陽明の主歳に、先に辛で瀉し、その後酸で補す;太陽の主歳に、先に咸で瀉し、その後苦で補す;厥陰の主歳に、先に酸で瀉し、その後辛で補す;少陰の主歳に、先に甘で瀉し、その後咸で補す;太陰の主歳に、先に苦で瀉し、その後甘で補す。適宜な薬物を補佐し、その生化の源を助けることは、「得気」(六気による致病を治療する規則を把握できた)と言える。

【説明】本節は主に六気の補瀉原則と方法を説明している(注釈の④⑤)。六気の盛衰が人体を影響し、五臓に発病させる。本節が説明している六気の補瀉原則と方法は、五臓に発生するほかの病気の治療にも適宜する。例えば、厥陰の主では、風木が時令の気を主る。風気は中に肝気に通じるから、故に気が有余(余る)。この場合は酸味を用いて収斂させ、(勝気の)肝気を瀉する。気不足の場合は、肝の昇発が不及になるので、辛味を用いて肝気の生発を補助する。

(李)


[PR]
# by jbucm | 2017-05-08 14:07 | 中医学 | Comments(0)

ゴールデンウィーク休業

北京中医薬大学日本校ゴールデンウィーク休業は下記通りです。

 4月29日(土)〜5月5日(金)は連休とさせていただきます。

 5月6日(土)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログは5月8日(月)から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、どうぞ、楽しい連休をお過ごせ下さい。


日本校事務局
[PR]
# by jbucm | 2017-04-27 15:54 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

ラブレター

こんにちは、周です。今回は薬名で書いた情書(ラブレター)の話です。

明代の文学者・劇作家である馮夢龍(1574~1646年)は、字が犹龍と言い、出身は呉県長州(今の江蘇省蘇州市)であります。当時の士大夫(官僚層、官職にない読書人を含む)の家庭に生まれ、兄弟三人(夢桂、夢龍、夢熊)は「呉下三傑」と呼ばれます。
馮夢龍が著した・世の中に知られている≪喩世明言≫、≪警世明言≫、≪醒世明言≫の以外に≪桂枝児≫、≪山歌≫という時調(民謡)集も書きました、その中に中薬名を用いてラブレターを書きました。

そのラブレターを紹介します。
你説我、負了心、無凭枳実、激得我蹬穿了地骨皮、愿対威霊仙発下盟誓。細辛将奴想、厚朴你自知、莫把我情書当作破胡紙。想人参最是離別恨、只為甘草口甜甜的哄到如今、黄連心苦苦嚅為伊耽悶、白芷児書不尽離情字、囑咐使君子、切莫做負恩人。你果是半夏当帰也、我情愿対着天南星徹夜的等。

ラブレターに14種の中薬名があります。皆さんも探してみてください。
[PR]
# by jbucm | 2017-04-24 09:30 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm