カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


古銭も中薬です


明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

今回は古銭の話です。
古銭も中薬として使われているのが、ご存じですか?

中国の著名な作家である馮牧(1919~1995年)氏は、敦煌で車の事故に遭遇し、2本の肋骨を骨折していまい、友人から差し出された祖伝中薬(秘伝処方)を服用し治癒した逸話がありました。その方剤の主な成分は、秦半両(秦の時代古銭)だそうです。また、《本草綱目》にも記載されています、定州の崔務という人が馬から落ちて、足の骨を折った、古銭入りの酒を服用され、足の傷が、すぐ治りました。

色んな図形違いの古銭は、収蔵家(収集家)に好かれて、医学家にも高く評価されています。《本草綱目》には、「古文銭、味辛、性平、主治翳碍、明目、療風赤眼。治婦人血気心痛、金瘡止血、還可治風爛出眼涙、悪瘡、疽瘡吐風痰、婦人生産横逆、心服痛」と記載してあります(古銭は止血作用あり、外傷を治療する、妊婦の難産の治療もできる)。

何故、古銭は薬用価値があるでしょう?
科学者(研究者)は、「原子吸収譜」(原子吸収スペクトル)という測定方法を用いて古銭を分析しました。その結果は、古銭の中に種類多く微量元素を含まれることを発見し、さらに、これらの微量元素は、ちょうど人体の身体が必要と不可欠な物だと証明されました。古銭入りの中薬作用(薬用)は、それらの微量元素だと言えるでしょう。

古銭は沢山ありますが、薬用として使えるのが青銅銭に限られています、例えば、秦半両、唐開元通宝、五代周元通宝。濫用してはいけません。
f0138875_114472.jpg

注:古銭の中にある微量元素は、銅Cu、鉄Fe、錫Sn、亜鉛Zn、アルミAl、バリウムBa、ナトリウムNa、金Au、銀Ag です。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-01-05 10:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 気血津液と臓腑の話(43) 「対聯」・「春聯」について >>