国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

冬季のスープ その①


こんにちは、今回からは冬季のスープ(中国語は 湯 tangと言います)を紹介します。

冬は寒いですので、補気塡精、滋養強壮の作用食材を選びは原則です、そのスープは機体の免疫を高め、感冒の予防もできます。

①百合炖烏鶏(烏骨鶏と百合煮込む)

功効:補腎助陽、滋陽補血
材料:烏骨鶏500g 百合・蓮子・大棗・当帰・西洋人参・枸杞 各20g
作り方:
①烏骨鶏を洗い、食べやすいサイズに切り、他の生薬も洗って置く
②まず烏骨鶏お湯通をして、水できれいに洗い流す
③炖盅に全部の材料、適量な水を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、胡椒、老酒を少々加え、小火(弱火)で2~3時間炖する
④塩、味精(味の素)で味を調える

炖は薬膳の製作方法の一つです。この製作方法の特徴は材料が柔らかくて、元の汁と味が残ります。写真は炖に使用する炖盅です。
f0138875_18155268.jpg

附:烏骨鶏の選び方及び注意事項
骨黒肉黒好烏鶏(骨が黒くて、肉も黒いのは良い烏骨鶏です)
烏骨鶏は江西省泰和県が原産で、泰和鶏・武山鶏・竹絲鶏とも呼ばれています。良い烏骨鶏は「十大」特徴があります、その「十大」特徴は、紫冠・纓頭・緑耳・胡須・毛脚・五爪・白絲毛・烏皮・烏肉・烏骨(毛は白く、耳は青く、とさかは赤く、頭のてっぺんには丸くて、白い毛があるが、皮と骨と肉は、炭のように真っ黒い)です。
生痰助火、生熱動風し易いので、肥満、重症皮膚病の者には、不適宜または過食しないでください。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-01-26 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)