カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


4月より、『中医学古典講座』を開講致します


この度、北京中医薬大学日本校、日本校の同窓会である北京中医会では、『中医学古典講座』を下記のとおり、開催することになりました。中医学に対する社会の期待も年々高まり、北京中医薬大学日本校の役割も日々大きく前進しております。そこで、在校生及び卒業生の皆様に、集中講座では聞く事の出来ない中医学の古典についての知識を深めていただくために、本講座を開催する事にしました。

『黄帝内経』は2000年ほど前に出来上がった著作で、中医学の理論体系の土台であり、現代中医学の源泉でもあります。「医家の宗」と称され、中医学の学習に必読の本となっています。

『傷寒論』は1700年前に、中国古代の有名な医家張仲景氏の著作です。『傷寒論』は外感疾病と内傷疾病の弁証論治についての専門書であり、理・法・方・薬諸方面で理論と臨床をしっかり結合し、中国の最も重要な著作の一つで、中医学の弁証論治の基礎を定めた著作でもあります。

『黄帝内経』と『傷寒論』を学習することには大変な価値があります。ご興味のある方は、是非ご参加ください。                                 

     ~*~*~*~*~*~記~*~*~*~*~*~

内  容:  1、『黄帝内経』国立北京中医薬大学教授 金 光亮
         (第2日曜日)
       2、『傷寒論』国立北京中医薬大学副教授 韓 濤
          (第4日曜日)
日  時: 平成21年4月~平成22年3月
         第2、4日曜日 16:30~19:00(全20回)
場  所:  日本校2F教室
受講対象:  日本校の在校生及び卒業生
受 講料:  1、『黄帝内経』のみ:  63,000円(税込)
      2、『傷寒論』のみ:   63,000円(税込)
      3、『黄帝内経』+「傷寒論』:105,000円(税込)

(詳しくは、日本校事務室までお問い合わせ下さい。)
[PR]
by jbucm | 2009-02-23 13:00 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
<< 気血津液と臓腑の話(49) 春季のスープ その1 >>