夏季スープ その①


こんにちは、周です。今回からは夏季スープを紹介します。

夏は炎熱です、暑は陽邪で、耗気傷津(気血津液を消耗しやすい)、食欲不振になり、消化機能も弱くなります。夏季に独特なスープを飲むと、清涼解暑の効果が得ることだけではなく、汗に伴って流失された栄養分の補給にもできます。養心利湿、消暑袪湿の作用食材を選びは原則です、そのスープは食欲促進、夏バテと病気の予防にもできます。

①烏鶏冬瓜湯(烏骨鶏と冬瓜スープ)

功効:養血調肝、散鬱駆瘀
材料:烏骨鶏200g 冬瓜750g 火腿(豚もも肉の燻製品)30 g
作り方:
①烏骨鶏は大きめのサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②冬瓜のワタを取り(皮も使うので、剝かない)、イチョウ切りする
③鍋に全部の材料を入れ、ヒタヒタなるくらい水を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、小火(弱火)で30分間煮る
④塩で味を調える

このスープは血虚・気虚・脾虚・腎虚の婦人、或いは発育遅延の小児に良いです。
注意事項:生痰助火、生熱動風し易いので、肥満、重症皮膚病の者には、不適宜または過食しないでください。

附:冬瓜の選びコツ
f0138875_1923216.jpg冬瓜は切られて売られていますので、良さの分別は容易です。冬肉は白くて、肉質は堅実で、重いものを選びます。冬皮が濃い緑色で、ワタの空間は広くて、少し種があるものは良いです。ワタのままで保存した方が鮮度を保ちますよ。
[PR]
by jbucm | 2009-05-11 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm