カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


気血津液と臓腑の話(60)


こんにちは、今週から、よくみられる臓腑兼病の弁証を紹介致します。

陰陽五行説を学んだ時、人体各臓腑の間深い関係をもっていると分かり、臓と臓、腑と腑の間には協調し合う関係が存在し、臓と腑の間には表裏の関係があると理解できていると思います。従って発病時は、特に慢性化にたら、一つの臓腑が孤立したものでなく、相互に影響し合っています。臓病が他臓に及ぶ、臓病が腑に及ぶ、腑病が他の腑に及ぶ、腑病が臓に及ぶ、凡そ二つ或いは二つ以上の臓器が相次いでまたは同時に発病するのが臓腑兼病です。

 一般的に、臓腑兼病は二つ或いは二つ以上の臓器証候を兼ねたものです。従って臓器に現れる証候の特長を把握さえすれば、臓腑兼病に対する弁証はそう難しくはない。しかしながら、臓腑兼病は、実際に二つの臓器以上の証候の単純な合計というものではなく、病理上で一定の内在的な法則をもっています。例えば、表裏関係を有した臓腑間には兼病が常見されます。臓と臓の間の病変には生克乗侮の兼併関係があります。従って弁証時には臓腑兼病の間を弁証分析することに注意しなければならない。つまり前後、主次、因果、生克等の関係があるかどうか、このようにしてはじめて病理のメカニズムが明確にし、正しく弁証と治療するべきです。

 臓腑兼病は、臨床上で広く存在するもので、その証候もきわめて複雑です。すでに述べた表裏関係を有する臓腑間の兼病(例:小腸実熱証、肝胆湿熱証)や、腎不納気証等の証以外に、臨床で最も常見される兼証について、心腎不交証、心腎陽虚証、心脾両虚証、心肺気虚証、心肝血虚証、脾肺気虚証、脾腎陽虚証、肺腎陰虚証、肝脾不調証、肝胃不和証、肝腎陰虚証、肝火犯肺証などがあります。次回からは、これらの証を二つずつ討論しましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-05-14 10:38 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季スープ その② 夏季スープ その① >>