夏季スープ その②


こんにちは、周です。今回からは夏季スープ その②を紹介します。

②苦瓜鶏骨湯(ゴーヤと鶏ガラのスープ)

功効:生津潤燥、清熱解毒
材料:苦瓜200g 鶏ガラ500g 黄耆10 g 枇杷葉8 g
調味料:塩適量
作り方:
①鶏ガラは湯通をして、水できれいに洗い流す
②苦瓜を洗い、縦に半分を切り、ワタを取り、食べやすいサイズを切る
③黄耆、枇杷葉を洗う
④①を鍋に入れ、800CC水を加え、武火(強火)で沸騰させた後、文火(弱火)で2時間位煮る、③を加え、30分煮る
⑤塩で味を調える

苦瓜の薬膳作用を紹介します。f0138875_12163647.jpg
性味帰経:苦・寒。帰心、脾、肺経
効能:袪暑清熱、明目、解毒
主治:暑熱煩渇、消渇、赤眼・痛(目の赤み・痛み)、痢疾、瘡瘍腫毒
注意事項:脾胃虚寒の者は要注意です。
[PR]
by jbucm | 2009-05-18 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm