カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


夏季のスープーその⑥

こんにちは、周です。今回は夏季のスープーその⑥を紹介します。

⑥羅漢果※(=保の下に火)鶏胗湯(羅漢果と鶏の砂肝スープ)

功効:清熱潤肺、潤腸通便
材料:鶏の砂肝200g、ほうれん草150g、羅漢果50g 香菇(椎茸)30g 
調味料:塩、味の素、胡椒、生姜適量
作り方:
①鶏胗はスライスし、湯通をして、水できれいに洗い流す
②ほうれん草を水で洗い、3cm位の長さを切る。香菇を水で洗い、半分を切る。羅漢果を砕けておく。
③中華鍋にサラダ油で生姜を香り出るまで炒め、①を入れ、強火で5分間炒める。2000cc水を加え、武火(強火)で沸騰させた後、上記材料を鍋に入れ、文火(弱火)40分煮る
④塩、味の素、胡椒で味を調える

油を気にする方は、生姜・鶏胗を炒めた後、もう一度湯通をして、水できれいに洗い流してください。

羅漢果の薬膳作用を紹介します。f0138875_10212712.jpg
性味帰経:甘、涼。帰肺・脾経
効能:清熱潤肺、生津止渇、潤腸通便
主治:肺火燥咳、咽痛失音、津傷口渇、腸燥便秘

羅漢果は食品調味料としてよく使われています。鶏・鴨・豚・牛肉料理に少し加えると、美味しくなるだけでなく、補益作用も得られますよ。
[PR]
by jbucm | 2009-07-06 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)
<< 北京中医薬大学・自主学習用のH... 気血津液と臓腑の話(66) >>