カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


秋季スープーその1

こんにちは、周です。今回からは秋季スープを紹介します。

秋の天候は乾燥です、人体は「乾燥症状」が出やすくなる季節です、例えば皮膚乾燥・皹裂、毛髪の不栄、口乾。甚だしい場合は咽喉腫痛、痰中帯血、大便秘結。生津養陰・滋陰多汁のスープはこれらの症状の減軽、或いは予防に役に立ちます。養陰潤肺、滋陰清潤の作用食材を選びは原則です。秋季に独特なスープを飲むと、肌膚及ぶ五臓を滋潤し、乾燥気候から機体に与える損傷の緩和ができます。

①沙参玉竹※(=保の下に火)猪肺湯(沙参・玉竹と豚の肺臓の煮込みスープ)

功効:潤肺止渇、養心安神
材料:猪肺500g 沙参・玉竹各9g 蜜棗8個
調味料:生姜2片(2切)、塩適量
作り方:
①猪肺は水できれいに洗い流す、大きめのサイズに切っておく
②沙参・玉竹は水できれいに洗い、水を切って2~3cmに切っておく
③鍋に全部の材料、生姜を入れ、適量の水を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、小火(弱火)で水はヒタヒタなるまで煮込む
④塩で味を調える

このスープは身体虚弱、虚不受補、燥熱の者に適宜です。
注意事項:猪肺の中の血塊を水でよく流してください。

猪肺の薬膳作用:
性味帰経:甘・平。帰肺経f0138875_11585622.jpg
効能:補肺止咳、止血
主治:肺虚咳嗽、咯血
[PR]
by jbucm | 2009-08-10 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(4)
Commented by etou satomi at 2009-08-11 16:20 x
九州、大分に住んでいますが、まだ暦の上では秋とはいえ、
台風が来たり、じめじめした日々です。薬膳の場合、暦に
合わせそろそろ秋の食事の準備をするか、まだ蒸し暑いので
梅雨向けの食事を続けるか、どちらが体に良いですか?
九州では、作物の生育状況は、晴れの日が少ないため、夏野菜
は若干遅れ気味、不作の状況です。薬膳の時期のアドバイスを
お願いします。
Commented by jbucm at 2009-08-12 22:04
etou satomi様、こんばんは。
そうですね。やはり、暦を参考にして、天候やお体調に合わせたほうが、一番よいでしょう。
Commented by etou satomi at 2009-08-18 08:49 x
こんにちは。アドバイスありがとうございます!
数日前から日中は暑いですが、朝晩秋風が吹いてきました。
暦を参考に、天候や体調に合わせた薬膳を心がけたいと思います。たいへん、ブログ参考になります!
Commented by jbucm at 2009-08-18 12:15
こんにちは。これからも皆様の健康に役に立ち記事を書きます。
今後ともよろしくお願いします。
ちなみに、日本では、猪肺を入手し難いでしょう、なるべく日本で購入し易い食材の薬膳を紹介しますね。
<< 中医基礎理論用語ーー「緒論」⑤ 中医基礎理論用語ーー「緒論」④ >>