カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


薬店の由来

こんにちは、周です。今回は薬店の由来を話します。

中医学史上、初めて官営の薬店は、宋の時代・神宗熙寧九年(1076年)に、有名な改革家であった王安石から創られました。当時、色色な事情があって、王安石自身も久病を患い、辞職しました。政界を引退後、彼は首都・開封で「太医局熟薬所」、謂わば、現代中薬店の前身を創りました(「買薬所」とも言う)。f0138875_11534590.jpg

最初、中薬は専ら取り立ての新鮮な草薬を用いられていました。以後、都会人の需要に応じ、段々、草薬を採り、都市に持って行って販売するようになりました。保存や保管に便利さを図るために、売買両方とも、新鮮な草薬を乾燥させるのを望みました。宋の時代の前には、薬材の採集・加工・売買は、ずっと「個体貿易」(個人経営)の形を主としていました。

「王安石変法」期間中、自然災害は全国各地で発生し、缺薬少薬(薬が足りない、少ない)という状況の中、不道徳的な行為―偽薬と劣等薬を販売され、多くの民衆を苦しみました。王安石はその事情を知り、心が痛みました。彼はある提案を採納しました。その提案とは、①国家が薬を管理機構の成立、その機構の元で薬を生産と販売し、個人の経営と他の部署の生産と販売が許さない②剤型(製剤の様式)を研究し、丸・散・膏・丹剤等の規格を統一され、生産し、無料で災害地区の民衆に配る。

「太医局熟薬所」の成立後、患者に方便をもたらすだけでなく、朝野の財政収入も増加させましたので、良い評価が得ました。「王安石変法」は失敗で終わったが、「熟薬所」は商売繁盛の状態を保たれました。宋徽宗崇寧二年(1103年)までに、7店舗の「熟薬所」を新たに開設しました。数年後、その7店舗の「熟薬所」の中、5店舗は「医薬恵民局」という名前に変更し、2店舗は「医薬和剤局」に変更しました。以後、全国各地で類似した「薬局」が雨後の筍のように出現し、のちに、社会的分業が細かくなり、製薬と売薬(薬を販売する)が徐々に分離され、いまの形の「薬店」を形成され、「売薬」だけをする業となりました。
[PR]
by jbucm | 2009-08-17 10:12 | 中国の話 | Comments(0)
<< 中医基礎理論用語ーー「陰陽五行」① 中医基礎理論用語ーー「緒論」⑤ >>