カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医基礎理論用語ーー「陰陽五行」②


* 陰陽対立(いんようたいりつ)と陰陽制約(いんようせいやく): 陰陽学説では自然界のあらゆる事物と現象には対立する陰陽両面が存在していると考える。例えば上と下、左と右、天と地、動と静、出と入、昇と降である。陰陽の対立は主にお互いの制限と消長にあり、その結果は統一されて、動的な平衡が保たれる。これは「陰平陽秘(いんへいようひ)」と呼ばれている(陰気が平順で、陽気が固守のことである)。春夏秋冬は温・熱・涼・寒の気候変化があり、春夏が暖かいのは陽気が上昇し陰気を抑えたからで、秋冬が寒いのは陰気が上昇し、陽気を抑えたからである。これは自然界の陰陽の互いに制約、消長した結果である。

病理上では、身体の陰陽が互いに制約し過ぎると、陰陽のバランスが取れなくなる。次の二つパターンはその例である。

* 陰勝則陽病(いんしょうそくようびょう):陰盛則陽病(いんせいそくようびょう)とも言う、陰勝れば則ち陽病。「陰」は陰寒、「陽」は陽気で、「勝(盛)」とは偏盛の意味である。寒気が盛んになると、陽気の活動を拘束し、又は、臓腑の陽気を損傷して、陽気虚弱になる。即ち、陽病になる。

* 陽勝則陰病(ようしょうそくいんびょう):陽盛則陰病(ようせいそくいんびょう)とも言う、陽勝れば則ち陰病。陽熱が盛んになると、体液を消耗し、陰液不足なる。即ち、陰病になる。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-08-27 10:00 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習(その3)  夏期講習 その2 >>