カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医基礎理論用語ーー「陰陽五行」③

 
 * 陰陽互根(いんようごこん)陰陽互用(いんようごよう): 陰陽は対立しているが、またお互いに依存している。一方だけ単独に存在することはできない。例えば上が陽となり、下が陰になり、上がなければ下もなくなり、下がなければ上もなくなる。『医貫砭・陰陽論』では「陰陽は各々を互いに根と為す、陽は陰に根ざし、陰は陽に根ざす。陽がなければ陰が存在しない、陰がなければ陽もない」と言っている。陰陽のこのような依存を陰陽互根という。物質と機能の間の依存関係をみると、物質は陰に属し、機能は陽に属し、機能は物質運動の結果である。世界では運動しない物質は存在しないし、物質のない機能も存在しない。両者は同様に互根作用がある。陰陽の依存は物質の依存関係に現れるだけではなく、例えば人体と生命活動を維持する基本物質である気と血の関係と取り上げてみても、気は陽に属し、血は陰に属し、気は血の主で、血は気の従であり、両者は依存している。

 陰陽の依存関係はまた陰陽転化の根拠である。もし陰と陽の依存関係が存在しないならば、陰と陽は同じ統一体の中にないということになり、互いに転化の関係もありえない。

下記は陰陽互根互用関係を説明する例である:
* 陽生陰長(ようせいいんちょう):陽気の生化が正常であれば、陰気が絶えずに滋生する。これが事物の生発する一面を説明している(例えば、春夏になると、陽気が盛んになり、植物なども生長の最盛期のなる)。また、陰生於陽(いんせいおよう)という言い方もあり、陰気の生長は陽気の作用に依拠していることの示しである。

なお、同様に、陽生於陰(ようせいおいん)ということもあり、人体のエネルギーを代表する陽気の発生は、物質を代表する陰精に依頼していることの示しである。

* 陽殺陰蔵(ようさいいんぞう):陽生陰長の言葉と反対の意味をする。陽気が収束すれば、陰気も潜蔵する。これが事物の収蔵する一面を説明している(例えば、秋冬になると、陽気が潜伏し、植物などの生長も停滞する)。

* 陰損及陽(いんそんきゅうよう)陽損及陰(ようそんきゅういん):損は虚損・虧損で、及は及ぼす・影響するという意味である。いずれも人体に生じる病理変化であり、陰或は陽の一方が一定程度に虚損すると、必ずもう一方も不足になる。具体的にいうと、「陰損及陽」とは、陰精の虚損が一定程度に達したら、陽気の化生不足が発生する。「陽損及陰」とは、陽気の虚損が一定程度に達したら、陰精の化生不足が発生する。

* 陰中求陽(いんちゅうきゅうよう)陽中求陰(ようちゅうきゅういん):陽虚証及び陰虚証を治療する法則の一種である。陰陽互根互用(相互依存し、相互に用いられる)の原理から、陰陽偏衰の時に、例え症状からは一方の虚弱しか見えなくても、実は両方の損傷もあると考え、治療も両方を補うべきである。「陰中求陽」とは、補陽の時、適当な補陰薬を加えることである。「陽中求陰」とは、補陰の時、適当な補陽薬を加えることである。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-09-03 10:00 | 中医学 | Comments(0)
<< 秋季のスープ その2 新型インフルエンザをお茶で予防... >>