国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

秋季のスープーその④


こんにちは、今回は秋季のスープーその④を紹介します。

④甘蔗茅根痩肉湯(サトウキビと茅根の豚肉スープ)

功効:清熱生津、利尿解酒
材料:サトウキビ500g 白茅根30g 馬蹄(クロクワイ)100g 豚の赤身肉500g 蜜棗10個
調味料:塩適量
作り方:
①豚の赤身肉は食べやすいサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②サトウキビは水で洗い、5cm位長さに切る。馬蹄(クロクワイ)の皮を剥き(日本では生のクロクワイは売られてないかもしれないので、缶詰めのものでも良い)、蜜棗、茅根を水で洗い
③鍋に2000cc水を入れ、武火(強火)で沸騰させ、上記材料を入れ、再沸騰させた後文火(弱火)3時間煮る
④塩で味を調える

このスープは煙草を吸い過ぎ、お酒を飲み過ぎによる咽喉腫痛、口乾声嘶(口乾く、声のかすれ)、心煩口渇、尿黄、尿少の者に最適宜です。

注意事項:脾胃虚弱のものは要注意です。

甘蔗の薬膳作用を紹介します。f0138875_15104952.jpg
性味帰経:甘、寒。帰肺・脾・胃経
効能:清熱生津、潤燥下気、解毒
主治:肺熱による咽喉腫痛、口乾、煩渇、喀血。胃熱津傷、口渇、大便燥結。傷暑による心煩口渇、酒(アルコール)の中毒。

ちなみに、私の故郷(広州)では、サトウキビを搾蔗機(ジューサー)で搾り取った汁を飲む習慣があります。詳しくは2007年5月24日のブログをご参照ください。

(周)
[PR]
by jbucm | 2009-10-05 09:30 | 中医薬膳専科 | Comments(0)