カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


魚頭豆腐湯

こんにちは、今回は前回(2009年10月26日のブログ)話した「魚頭豆腐湯」を紹介します。

材料:鯛の頭1個、豆腐2丁、白菜1/4株、白木耳20g、とんがらし1個(少々)、ニンニク2カケ、葱1本、生姜50g
調味料:サラダ油・醤油・砂糖・味の素、塩、米酒適量

作り方:
①鯛の頭を半分に切る、鰓を取って捨て、水で洗い、米酒・醤油を入れ、10分位浸けておく。
②木耳は水で戻す。白菜は5cm位の長さを切る。豆腐は8等分にする。ニンニク、生姜はスラスする。葱・とんがらしは1cm位の長さを切る。
③中華鍋にサラダ油を多めに入れ、熱くなったら、ニンニク・生姜・とんがらしを入れて香りが出るまで炒める。鯛の頭を加え、強火で焦げ目が付くまで焼く。米酒を適量入れて、2~3分位焼き続ける。
④土鍋に移し、ヒタヒタまで水を加え、沸騰しましたら、弱火で40分煮込んだ後、白菜・白木耳を加え、更に20分煮込む。出来上がる前に、豆腐・葱を入れて、弱火で沸騰させる。
⑤醤油・砂糖・味の素、塩で味を調える。

中国では、鯛はあんまり使われていません、主に鯉の頭・川の魚(淡水魚)を用いますので、鯛についての薬膳作用が「中国薬膳大辞典」に記載されていません。薬膳作用は鯉の頭と同じだと思われます。
鯉の頭の効能:祛寒、散風寒、通乳。
主治:お腹冷え、風寒頭痛、産後の乳少(乳の分泌が少ない)
f0138875_18335370.jpg


(周)
[PR]
by jbucm | 2009-11-09 09:31 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 冷え性の対策 中医基礎理論用語ーー「陰陽五行」⑩ >>