カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


地黄丸の「八兄弟」


こんにちは、周です。今回は「地黄丸」の話です。

滋補肝腎でよく使われている「地黄丸」から派生された「地黄丸家族」は計「八兄弟」があります。皆は優れた効能を持ち、性能・主治が多少違いがありますので、臨床上では、それぞれの特長によって選ぶ必要があります。

六味地黄丸2009年10月12日のブログをご参照下さい。
f0138875_15161950.jpg


知柏地黄丸:構成は六味地黄丸ベースに、知母・黄柏を加えます。原方の滋陰補腎の上に、瀉陰火の作用を増強します。主治:陰虚火旺、潮熱盗汗、骨蒸夢遺、乾咳、口乾。

杞菊地黄丸:構成は六味地黄丸ベースに、枸杞・菊花を加えます。滋補肝腎、明目の作用を増強します。主治:肝腎陰虚による頭暈目眩、両目乾渋、視物昏花(カスミ目で物がはっきり見えない)。また、当帰・芍薬・白疾蔾・石決明を加えれば、養肝明目の作用を更に増強することができます。その方名は「明目地黄丸」とも呼ばれています。
f0138875_15181057.jpg


七味都気丸:構成は六味地黄丸ベースに、五味子を加えます。主治:腎気不納による虚喘、呃逆、潮熱、遺精。

金匱腎気丸:構成は六味地黄丸ベースに、附子・肉桂を加えます、「八味地黄丸」とも言います。温熱作用の附子・肉桂を加えた為、主な作用は温補腎陽・兼補腎陰であります。主治:腎陽不足、腰膝冷痛、少腹拘急、小便不利、或いは夜間頻尿(多尿)、痰飲、消渇。慢性腎炎、肺気腫、糖尿病など腎陽虚証の治療に用います。

済生腎気丸:構成は金匱腎気丸ベースに、牛膝・車前子を加えます。温陽保水の作用を増強します、主治:腎陽不足による水邪泛濫の水腫、小便不利。

麦味地黄丸:構成は六味地黄丸ベースに、麦門冬・五味子を加えます。原方の養陰生津、斂肺渋精の効能を増します。主治:肺腎虚による喘咳、潮熱盗汗、遺精。

帰芍地黄丸:構成は六味地黄丸ベースに、当帰・芍薬を加えます。養血柔肝、塡精益髄の作用があり。主治:血虚による頭暈、崩漏など精血虧虚の治療に用います。
[PR]
by jbucm | 2009-11-16 09:11 | 中医学 | Comments(0)
<< 中医基礎理論用語ーー「蔵象」① お知らせです >>