カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医基礎理論用語ーー「蔵象」②


募原(ぼげん):膜原(まくげん)とも言います。『素問・挙痛論』に「寒気客于腸胃之間、膜原之下……」との記載がありました。王氷は「膜とは、膈の間の膜であり、原とは、鬲肓の原である」と解釈しました。この膜原は胸膜と横隔膜の間の部位を指します。

膏肓(こうこう):膏は心臓の下部にあり、肓は心臓の下、横隔膜の上にあります。主に病位が深く隠していていることを指します。薬物も鍼灸も至り難いことです。いわゆる「病入膏肓」とは、病気重くて、もはや治療のできない、或は治療し難いことです。なお、足太陽膀胱経の経穴名の一つです。第4胸椎の下、両側各三寸のところにあります。

孤臓(こぞう): ①脾臓のことです。『素問・玉機真蔵論』に「脾脉者、土也,孤臓以灌四傍者也」と記載しています。意味は、脾土は独りで中央に位置し、四季の臓を旺盛させるので、孤臓と呼ばれます。②腎臓も「孤臓」と呼ばれることがあります。これは、『素問・逆調論』に「肝,一陽也;心,二陽也;腎,孤臓也。一水不能勝二火。」との記載があり、意味は、肝と心とも火の臓で、腎が水臓です。腎の「一水」は肝心の「二火」に勝つことができなく、孤軍奮戦の意味から、孤臓と呼ばれました。

孤腑(こふ):三焦のことです。六腑の中では、唯一五臓と表裏関係にならない腑なので、故に孤独の腑と呼ばれます。

四海(しかい):髄海(ずいかい、脳のこと)、血海(けっかい、衝脈のこと)、気海(きかい、膻中のこと)、水穀の海(すいこくのうみ、胃のこと)を指します。『霊枢・海論』

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-11-26 10:42 | 中医学 | Comments(0)
<< 冬季のスープーその④ 冬季のスープーその③ >>