中医基礎理論用語ーー「蔵象」⑦

宣発と粛降(せんぱつとしゅくこう): 「宣発」とは、発散の意味で、肺気が上へ上がることと気体や津液を外へ発散することを指します;「粛降」とは、清粛の意味で、肺気が下降(清気や津液を全身へ散布)することと気道を清潔に保つことを指します。「宣発」と「粛降」は「呼」と「吸」と同じように、協調し合ってそれらの機能を果たせます。病理上でも、互いに影響し合います。

通調水道(つうちょうすいどう): 「通」とは疏通の意味で、「調」とは調節の意味です。「水道」とは、水液の運行及び排泄の通路です。人体の水液代謝は脾の運化・腎の気化機能の他に、肺気の宣発と粛降機能(前条を参考)にも密接な関係があります。なので、「肺主行水」、「肺は水の上源」という言い方もあります。

肺朝百脈(はいちょうひゃくみゃく): 「朝」とは向かう、集まる意味で、「百脈」とは全身の血管のことです。全身の血液が血管を経由して肺に集まり、肺の呼吸でガス交換を行ってから、また心臓に経由して全身へ分散することです。

肺主治節(はいしゅちせつ): 肺の機能の概括です。「治」とは、管理の意味で、「節」とは調節の意味です。肺の「治節」機能は、四つの方面から表します:其の一は、呼吸運動を調節する;其の二は、呼吸運動に随って全身の気機を調節する(肺主一身の気);其の三は、心臓を補助して血液運動を推動と調節する;其の四は、肺の宣発と粛降機能の表しの一つで、津液の輸布・運行及び排泄を調節することです。

肺腎相生(はいじんそうせい): 「金水相生(きんすいそうせい)」とも言い、肺は金に属し、腎は水に属すからです。五行理論によりますと、肺金と腎水は母子関係です。生理上では、肺と腎は相互配合して生理活動を果たせますが、病理上では、肺気虚損すれば、腎気衰弱になり易い、この場合は、「母病及子」といい、一方、腎気衰弱すると、肺虚になり、「子病及母」と言います。

(李)
[PR]
Commented at 2010-01-08 15:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by jbucm | 2010-01-08 09:59 | 中医学 | Comments(1)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm