カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医基礎理論用語ーー「蔵象」⑧

倉廩之官(そうりんのかん):『素問・霊蘭秘典論』からの出典で、脾胃のことを指します。「倉」とは、穀物を貯えるところで、「廩」とは米を貯えるところです;「倉廩」とは穀物をはじめ、全ての食物を受ける倉庫です。胃が食物を受納し、脾がその精微を運化することで、全身へ営養を提供するので、脾胃を倉廩之官と比喩されています。なお、一部の学者は、「倉廩之官」は胃だけを指すと指摘しています。また、胃に「水穀の海」、「五穀の腑」、「太倉」などの称呼もあります。

胃は現代医学の胃と考えて良いですが、脾は現代医学でいう脾臓の事ではなく全ての消化器系の働きの総括であることと考えて良いです。

後天之本(こうてんのもと):脾(胃)のことです。腎が先天之本に対する言い方です。人が出生後の成長、発育及び生命活動に必要な栄養物質は脾胃の運化(消化吸収)機能によって供給されるので、脾胃を後天の本と称しています。脾主後天(ひはこうてんをつかさどる)という言い方もあります。なお、営養不良や発育不良の場合は、「後天失調」と考えても良いです。

胃気(いき):水穀の受納・腑熟して通降するという胃の機能です。胃気が「下降」であることは順(正常)です。もし下降できず(「胃気上逆」となり)、胃の機能が乱れ、さまざまな疾病が発生します。

脾気(ひき):脾の機能を指し、三つの方面が含まれます:一つ目は脾の運化機能(飲食物と水液を消化吸収と全身へ送り出すこと)を指します。二つ目は昇清(しょうせい)といい、消化された飲食物のうち営養物質(清)を上方の肺に送ることです。脾気が「上昇」であることは順(正常)であるという言い方がありますが、主にこの昇清の働きを指します。なお、脾気のもう一つ大切な機能は、三つ目の統血(とうけつ)機能で、周身の血液を統摂(コントロール)することです。

脾陽(ひよう):脾の運化機能及び運化の過程に備えた熱能を指します。脾陽は「命門の火」(腎陽)からの温養と助力が必要です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-01-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 冬季のスープーその⑦ 古代の黄疸の尿診査法 >>