国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

中医基礎理論用語ーー「蔵象」⑨


中州(ちゅうしゅう): 脾のことです。古人は方位の「東・西・南・北・中央」を五臓に配属し、脾を「中央」に配置させました。また、五行説によりますと、脾は「土」に属しますので、「脾主中土」や「脾主中州」の称呼も出てきました。土は万物を化生するものです、まるで脾も土のように身体に精微物をあたえ、血液など化生しています。いわゆる「脾居中央、灌漑(かんがい)四傍」とは、脾が身体の中央に居て、常に四方の組織器官に精微物を与え、人体の生長発育の促進、生理活動の維持などを果たせていることを指します。角度を換えてみますと、脾のこれらの機能も「脾は生化の源」を説明しています。

脾主運化(ひはうんかをつかさどる): 前回に話しました脾の機能の一つで、飲食物の消化吸収及び、その精微(栄養成分)を全身へ輸送することです。飲食物が胃に入ると、脾と胃が共同作業を行い、それを消化吸収します。また、吸収した精微を脾気の助けによって、全身の各部位へ輸送し、全身の組織器官を滋養する働きを果たせます。なお、脾は水液の輸送と排泄を促進し、人体の水液代謝の平衡を維持するのにも重要な役割を分担しています。

脾主統血(ひはとうけつをつかさどる): 脾気の血液を統摂する(血液を血管の中で正常に運行させる)機能です。脾気が充分であれば、血液は血管の中で正常に運行できますが、脾気が虚弱になると、この機能が弱まり、血液は血管から出てしまい、各種の出血疾患を引き起こします。

脾蔵営(ひぞうえい): 『霊枢・本神篇』にあった言葉で、脾が営血を貯蔵する作用があるという意味です。「営」とは、経脈の中に循行する精気(栄養物)を指します。営は血液を化生するのに欠かせないものだから、通常は「営血」をあわせて称しています。『難経・四十二難』には、「脾…主裹血」と言っています。「裹(か)」とは、巻く・包むという意味です。これは、臓腑の中では、「肝蔵血、脾統血」と言いますが、実際では、脾も営血を蔵する作用があります(現代医学でも解明されています)。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-01-28 15:00 | 中医学 | Comments(0)