春節(中国のお正月)

こんにちは、今回は「中国のお正月」の紹介です。

中国のお正月は、ふだんと同じ暦通りの新年ではなく、旧暦の新年で過ごします。2010年の場合、旧暦の1月1日(春節)は、2月14日(日)です。2月13日が大みそか(除夕、年三十)となります。つまり、日本では1月の数日(元旦の1月1日)正月であるわけですが、中国では正月ではなく、「元旦節」というただの祭日です。

中国伝統的な旧暦の新年は、古代では「元旦」「元日」「元辰」「元朔」「正元」「正旦」などと称します、辛亥革命(1911年に起こされた民主革命。民国革命、第一革命ともよばれる)以後は、「春節」と言い換えます、民間では「過年」「過大年」とも言います。旧暦「大年三十」(除夕)は、「旧歳至此夕而除」を意味します、正月初一は「歳之元・月之元・日之元」(三元)を称され、「大年初一」を俗称します。

中国民間では、「過年」は盛大な祝い日となっています、ここで「四大年俗」(四大伝統風俗)を紹介します。

拜神与祭祖
「過年風俗」の起源は大昔の農耕民族「腊祭」から始まりました。「腊祭」は古人の「神先享用」の意を体現します。この原始時代の「敬神」形式は、時代の流れに連れて、「祭灶神」に変化してきました。「灶神」は「灶君・灶爺・灶王爺」を俗称します。民間人は「灶王爺」に対して恭しく、災い事がないように祈祷します。
祭祖は祖先に対する偲ぶもあり、祖先の守りを頂き、平安を祈ります。大掃除・貼春聯(春聯を貼る)などを行われます。

団年飯守歳
伝説によりますと、「年」は大昔から存在する怪獣の一種で、毎年の寒い時期、あちらこちらで人を噛みつきます、その害を防ぐ為、皆が集まって、ご飯を食べながら、篝火(かがり火)を囲んで、竹を入れ、赤々燃える焚火で「年」を威嚇し、退治しました。現在も続いている貼春聯、爆竹という習慣も、その為です。
f0138875_1652978.jpg


恭賀拜大年
≪北平年謡≫に「三十日、黒夜坐一宿。大年初一、出来扭一扭」と記載されています。新年正月初一の朝、皆は新しい服を着て、「開門炮」(爆竹を鳴らす)の後、親戚や友達を訪問し、互いに「拜年」します。古代では、「拜年」順序(その順序は先に天地、次に祖先、次の次は両親・親戚・友達となる)もありますが、今は日本と同様―「年賀状」で済ませています。
f0138875_167997.jpg


圧歳銭祈福
圧歳銭(お歳玉)の「歳」は、中国語では、「祟」(sui)と同じ発音ですので、「圧祟銭」とも言います。昔から圧歳銭は「邪祟」を鎮めることができ、無事に新年過ごせると言われています。
f0138875_1631949.jpg


(周)
[PR]
by jbucm | 2010-02-13 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm