カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医基礎理論用語ーー「蔵象」⑫

肝陽(かんよう):主に肝のある機能活動の変化状況を指します。正常の場合は、肝陽と肝陰は相対的な平衡を保っていますが、もし肝陰虚になれば、陽を制約できず、「肝陽上亢」になり、頭痛・眩暈・易怒・耳鳴り・不眠などの症状が現れます。


肝陰(かんいん):主に肝の本臓にある陰液と肝に蔵される陰血のことを指します。正常の場合は、肝陽と肝陰は相対的な平衡を保っていますが、もし肝気が強すぎると、肝陽が亢盛になり、肝陰を消耗し、「肝陰不足」になり、最終的に「肝陽上亢」の症状が現れます。

肝血(かんけつ):肝に蔵される陰血のことを指します。通常では、肝陰とはっきりと分けられないが、臨床の角度から見れば、肝血に関連する病証は、失血に関係するので、必ずしも陰虚陽亢の症状があるではありません。

肝、体陰用陽(かん、たいいんようよう): 「体」とは、実体の意味で、「用」とは作用、機能を指します。肝は臓であり、腑に対して「陰」である;また、肝は蔵血の臓で、血が陰であるので、故に肝の実体は陰に属します。しかし、肝の生理機能は疎泄を主り、中に相火を寄せられ、「風木の臓」と称され、動風化火し易い;なお、肝は筋(すじ)の活動を統轄している。これらの機能、作用及び病理状況から見ると「動・熱」のほうに偏り、陽に属されます。故に、「肝、体は陰だが、用は陽」という説がありました。

肝腎同源(かんじんどうげん):肝と腎は相互滋養(所謂「肝腎相生」)である。肝の疎泄条達と血量を調節する機能は、腎陰の滋養に依頼します。腎陰の補充には、肝の疎泄に通じて腎に貯えます。なお、肝と腎は両方とも命門から出た相火を持っているので、肝腎同源という言い方がありました。

 なお、「肝腎同源」の他に「精血同源」や「乙癸同源」という言い方もあります。由来については、前者が肝蔵血、腎蔵精からで、後者が乙は木(肝)に属し、癸は水(腎)に属すからです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-02-25 10:16 | 中医学 | Comments(0)
<< 春季のスープーその⑥ 薏苡明珠 >>