名老中医の養生談⑦

名老中医の養生談⑦
――小周天功法 
 

 鄧維浜先生、男性、1914年5月生まれ。吉林省吉林市中医院の主任医師です。 鄧先生は眩暈、膵炎、腎結石、高血圧、狭心症などの疾病を患ったことがあり、いつも治療を受けながら、養生を行ったため、ほぼ完治されました。鄧先生も「起居有序、飲食有節」という養生訓を守り続けています。なお、自分の意に沿わない時は「忍」をもって遇しています。

 鄧先生は気功の養生法を用心し、奇経八脈は養生術の中で重要な作用を持っていると考えています。ここで、鄧先生が奇経八脈理論に基づいて創られた小周天功法を紹介致します。その方法は簡単だが、続けて練習すると、大きな効果が得られます。先生は50年間あまり練習しています。

  奇経八脈は初めに『皇帝内経』から出現したが、明代の李時珍が初めてそれを発揮されました。李時珍氏は、奇経八脈は先天大道の「根」であり、特に任督衝三脈は造化の「源」であると認識した。気功学では、任督脈を貫通する方法を「小周天功法」と称されます。近代の名医張錫純先生は『医学衷中参西録』の中こう言いました:通督脈は、身後の病を治癒でき、通任脈は、身前の病を治癒できる,督任皆通であれば、元気が流行し動く、法輪が常に回る、精神旺盛で健康となり、これで長生きとなる。

 小周天功の練習方法はいろいろありますが、鄧先生が創られた小周天功法は簡単で練習し易いです:夜就寝の前、ベッドに仰向けして、両下肢は自然に開け、リラックスしながら、呼吸を調整する。舌先を上顎につけ、唾液が出たらそれを飲み込む。意念で元気を会陰穴から、督脈に沿って百会まで上昇させる。百会穴から唇の下へ行き、そこで徐々に任脈に会う、任脈に沿って降りて下丹田に戻る。さらに会陰まで下ろす。これを続ける。朝にも練習すると、より効果的である。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-06-03 10:01 | 中医養生 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm