カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


詩と石膏


こんにちは、周です。今回は「詩と石膏」の話を紹介します。

中国浙江省杭州市、西湖の岸辺の横町に、一見見るとごく一般の民家があります。実はその普通の民家を思わせる家は、于謙という民族英雄(岳飛・張蒼水と並べ、「西湖三英烈」の一人)が住んだ家です。人々に知られている于謙は、以下紹介する「詩」、≪石灰吟≫と関係があります。「千錘万煉出深山、烈火焚焼若等●(門の中に木)、粉身砕骨(粉骨砕身)全不怕、要留清白在人間」。
これは少年時代の于謙が、石灰焼を見るとき書いたものです。回腸蕩気(蕩気回腸ともいう、深い感銘を与える)の詩に出てくる石灰とは、中薬に用いられる石膏のことです。石膏は杭州周辺の特産で、現在も臨安玲瓏山岳地帯の各家庭に、石灰窑を建てられ、石膏を焼きます。

石膏を薬用として使われているのは、約2000年前からです。近代の名医―張錫純は、処方する際、大用量の石膏を使うのが好きで、「張石膏」と呼ばれるようになります。「石膏涼而能散、有透表解肌之力、外感有実熱者放胆用之、直勝金丹」(石膏は清涼散熱、透表解肌の効能があり、外感を感受して実熱ある者には大胆に使って下さい、金丹に勝る)と言いました。

石膏の薬用作用を紹介します。
性味:辛・甘・大寒
帰経:肺・胃経
効能と応用:清熱瀉火・除煩止渇
①外感熱病の気分証実熱・高熱・口渇・脈洪大
②肺熱による咳嗽・発熱・気喘
③胃火上炎による頭痛・歯痛・歯茎の腫痛
④外用(瘡瘍の瘡口が塞がらない場合)
生石膏は清熱瀉火、煅石膏は生肌斂瘡に長じます。生石膏は温病を治療する要薬で、高熱・口渇には良好な効果があります。
注意事項:
②内服の場合は生石膏を粉砕して先煎し、外用には煅いて粉末にし、散布します。
②性質は大寒ですので、陰虚内熱・脾胃虚寒の者は禁忌です。
[PR]
by jbucm | 2010-06-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 名老中医の養生談⑨ 簡単な“参鷄湯”(サムゲタン) >>