夏季のスープーその⑩

こんにちは、周です。今回は夏季のスープーその⑩を紹介します。

⑩苦瓜痩肉湯(苦瓜・豚の赤身肉のスープ)

功効:降血圧、清熱瀉火、解燥、解毒
材料:苦瓜1本、海帯(昆布)100g、豚の赤身肉250g
調味料:生姜、塩、味の素、サラダ油適量
作り方:
①苦瓜は水で洗い、縦半分に切って、ワタを取り除き、1cm位の厚さをスライスする。昆布は千切り、2時間位水に浸けておく
②生姜は千切り。豚の赤身肉は食べやすいサイズに切っておく
③鍋にサラダ油を入れ、熱くなったら、生姜を加え、2~3分位焼く。肉・苦瓜・昆布を入れ、軽く炒め後、適量の水を加え、武火(強火)で沸騰させた後、文火(弱火)で肉が柔らかくなるまで煮る
④塩、味の素で味を調える

このスープは肥満・動脈硬化・高血圧の者に最適宜です。

海帯(昆布)の薬膳作用を紹介します。
性味帰経:咸、寒。帰肝・胃・腎経
効能:消痰軟堅、利水消腫
主治:癭瘤、瘰癧、噎膈、脚気水腫
注:苦瓜はスライスし、お湯を通し、20分ほど冷水に浸けると、苦味が取れます。
[PR]
by jbucm | 2010-07-05 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm