カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


朝三暮四


こんにちは、周です。今回は中国語の話です。

数字を挟んで四字熟語が沢山あります。例えば、「朝三暮四、四捨五入、五湖四海、五光十色、五花八門、七上八下、七嘴八舌、七手八脚、乱七八槽、七情六欲、十拿九穏(準)、十室九空、十全十美」などがあります。今回は「朝三暮四」(zhao san mu si)に纏わる話を紹介します。

朝三暮四は、中国の「荘子」や「列子」に見える故事です。
ここ、「荘子」に出てくる話を紹介します。春秋時代、宋の国に狙公という、あまり繁盛していない猿回しが居ます。苦肉の策として、猿の食費を切り詰めることにします。狙公は次のように言います、「俺の甲斐性がないばかりにアガリ(利益)がここのところ少ないです。すまないですが、お前達の食事も、これからはご飯(トングリの実)を朝三杯、夕方四杯に減らさせてほしいですが……」。それを聞いた猿達が「少ない」と怒りがおさまりません、一斉にブーブーと不満の意を表しました。そこで、賢い狙公はすかさず、「それじゃ、朝四杯、夕方三杯ではどうですか」と言い直しました。すると、猿達は満足してこの条件を受け入れました。

この故事から、元々の喩えは、賢い人は言葉を巧みに使い、愚かな人は(表面にとらわれ)実情が理解できない意味です。派生的な用法でありますが、現在の中国では考え方や方針がコロコロ変わって、定まらない意味、「朝三暮四」が用いられます。

次回は中医学と関係がある「七情六欲」を紹介します。
[PR]
by jbucm | 2010-08-16 09:30 | 中国の話 | Comments(0)
<< 名老中医の養生談⑪ 夏休みのお知らせ >>