七情六欲


こんにちは、周です。今回は前回の続きー中国語「七情六欲」の話です。

「七情」は以下の事を指します。
儒教:喜 怒 哀 惧 愛 悪 欲
佛教:喜 怒 憂 惧 愛 憎 欲
中医学:喜 怒 憂 思 悲 恐 驚
「六欲」は生、死、耳、目、口、鼻を指します。

ここ、中医学の「七情」を紹介します。

中医学では、発病原因には色々あるが、主なものは六淫、癘気、七情、飲食、疲労、外傷、虫獣傷などを考えています。こうした要素に一定の条件が加わると病気を引き起こします。
七情は、ごく自然な感情では病変を発生するには至りませんが、精神的な緊張や情緒的な変化が過度になったり、長時間持続したりすると、生理的に調節できる範囲を超え、この七つの感情は体に悪影響を及ぼし、気・血・津液や臓腑の働きを乱す要因となります。これを「内傷七情」と言い、七情の刺激は次の内臓に直接影響を与えているとしています。

以下はそれぞれ五臓の気血関係と発病の特徴です。
喜→心 喜ぶと言う感情は、心を明るくし、和やかにする良い感情ですが喜びが過ぎると気が緩み、心身を消耗させます。

怒→肝 怒ることを「気が逆上する」と言いますが、あまりにも強く、そして長期にわたって怒ると「気」は上昇し、肝や他の臓器を傷つけると考えられています。酷く場合は、暴厥になることもあります。

憂(悲)→肺 「悲しい」気持ちは生命エネルギーである気を消失させます。この状態が続くと肺を傷つけるとされます。肺は呼吸によって全身の気の流れを総括するところでもあります。脾にも損傷を与えます(「思」の項目をご参考下さい)。 

思→脾 様々なことに不安を覚え、心配に気をもみ、「憂う」「思いこむ」。この状態が過度に続くと「脾」を傷つけると考えます。「脾」は食物の運化(消化・吸収を司り)、血液の生成、筋肉を形成したいり維持するという働きがあるとされています。怔忡、健忘、失眠、消痩などの症状が現れます。

恐(驚)→腎 「驚く」と言う感情は、思いもよらない事態に我を忘れる状態で、極度の緊張状態にあります。情緒不寧(不安)、酷い場合は神志錯乱、語言行動の異常が現れます。
[PR]
by jbucm | 2010-08-23 09:30 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm