国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

名老中医の養生談⑭

名老中医の養生談⑭
――「三通」を遣り遂げれば、長寿になる 
 

尚志鈞先生、男性、1918年生まれ。 皖南医学院附属病院中医内科教授です。先生に養生の術があり、高齢であってもとても健康です。趣味は民族音楽などです。先生の生活準則は「三通」です。

 「三通」とは、心通、胃通、二便通のことです。

1、心通:即ち、楽観的で、心地よくて愉快である。達観的で、何があっても、くよくよしなく、気にしないことです。人間は大自然の中で生きるため、色んな人や物からの影響を受け、挫折や失敗も経験します。常にその心構えし、最小限の打撃を受けるようにしましょう。

2、胃通:過食しないことです。過量・過冷(冷たすぎ)・過硬(硬すぎ)の食べ物は、脾胃を損傷し、腸胃に積滯し、不通になります。特にお年寄りの方は、元々脾胃虚弱なので、決まった時間に、決まった量を食べ、食べる時もゆっくりで、よく噛んで飲み込むようにします。古人から「已飢方食、未飽先止」(腹が空くと食べる、未だ腹がいっぱいになってないうちに食べやめる)と言い方があります。この言い方は、お年寄りの方にぴったりですね。


3、二便通:大便・小便通調のことです。良い排便習慣をつけましょう、1日1回排便します。二便が不通暢であれば、腸に停留時間が長く、有毒物が再吸収され、健康にもよくありません。古人から「腎司二便」(腎が二便を司とる)と言い、普段の日常生活から「固腎気、節制房事」(補腎・固腎、セックスをし過ぎない)を守り、二便通調に利きます。
  


(李)
[PR]
by jbucm | 2010-10-28 09:30 | 中医養生 | Comments(0)