国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

足底からの養生法

こんにちは、周です。今回は足底からの養生法を紹介します。

中医学は足底と体内各臓腑の間に繋がっていると考えています。足底にそれぞれの臓腑特定反射区があり、もし臓腑には病変(異常)がありましたら、足底に反映されます。相応する部位を按摩・刺激すると、局部の血液循環を促進させ、強身(身体を強くする)、疾病を予防と治療にもできます。
f0138875_134357.jpg


ここで自分が家庭でできる方法を紹介します。方法は簡単で、しかも特別な道具は要りませんので、是非、試してやってみてください。

①敲撃足底(足底を敲く)
拳を使って、足底を敲きます。脚掌(足の裏)を中心にして、周りへ広げて行きます。力は痛みを感じる程度でよいです。片足は100回位で、椅子・ペット・床に坐り、あぐらをかくという姿勢でやりましょう。
②双脚晃動(両脚を揺り動かす)
仰臥位(仰向け)で、自転車をこぐ動作で両脚が空中を揺り動かす、5~10分間を続いて下さい。
③赤脚行走(裸足で歩く)
できれば卵石の上で歩く訓練します。家では、できるだけ靴下を履かず、裸足にしてください。
④脚底浴光(足底を日光浴させる)
毎日、20~30分間、足底を日光浴させます(直接の日光浴が望ましいです)。
⑤脚底摩擦(足底を摩擦する)
仰臥位(寝るとき、眠り入る前に)で、両脚が空中を置く、互い摩擦します。力を入れて、20回位を摩擦します。
⑥脚趾揉搓(あしゆびをもむ)
足の親指・小指を、3~5分間を揉みます。毎日3~4回を揉みます。足の親指は記憶力、小指は計算力の増強することができると言われています。
⑦按圧脚根(かかとを圧する)
親指で力を入れて、痛みを感じるまで、かかとを圧します。
⑧単脚站立(片足で立つ)
片足で直立します、片方は1~2分間ずつ、交替で両脚をやります。大極拳にある姿勢で、中国語は「金鶏独立」(jin ji du li)と呼ばれる動作です。転倒しないように注意してください。最初、慣れてない時は大変ですよ。
⑨○(=足に店)脚登楼(つま先を着地して、階段を登る)
つま先を着地して、階段を登ります。運動量は平地を歩くより、階段を登るほうが大きいです。つま先を着地して、階段を登ると、足の前半部の筋肉・神経などを鍛えます。
⑩刷洗脚底(ブラシで脚底を摩擦する)
お風呂タイムに、ついでにブラシで脚底を摩擦します。天然繊維製ブラシがベストですが、手元に持てなければ、軟らかいブラシでもよいです。皮膚に良いホルモン(美白・肌キメ細かくする作用あるホルモン)の分泌を促進させることができると言われています。
[PR]
by jbucm | 2010-11-29 09:30 | 中医養生 | Comments(0)