国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

補腎壮陽スープ その①

こんにちは、周です。今回からは補腎壮陽スープを紹介します。

①当帰行血湯(当帰行血スープ)

功効:行気開鬱、袪風燥湿、活血止痛
材料:川芎6 北沙参10 当帰10 鶏肉200 豚もも肉100g 生姜10(単位 g)
調味料:塩 鶏ガラスープの素 適量
作り方:
①鶏肉・豚肉は大きめのサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す。生姜はスライスにする。
②川芎・北沙参・当帰は水で軽く洗い流す
③土鍋に、2000cc水・①②材料を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、小火(弱火)で2時間位煮る
④塩・鶏ガラスープの素で味を調える

このスープは気血不足・病後虧虚、自汗などの症状がある婦人に良いです。
注意事項:陰虚火旺、舌紅口乾、月経過多、出血性疾病の者には、不適宜です。

附:川芎の薬膳作用
性味帰経 辛・温。肝・胆・心包経に帰経する
効能 活血行気、袪風止痛
主治 血瘀気滞、痛証。月経不調、閉経、痛経、産後瘀滯腹痛、肝鬱気滞、脇痛、打撲、瘡瘍痈腫、頭痛、風湿痺痛に用いる
用法用量 浸泡、蒸、煮、炖、燜、熬(薬膳の調理法)。3~10g
使用注意 辛温昇散なので、陰虚火旺、舌紅口乾、及び月経過多、出血性疾病の患者には不適宜。
f0138875_1741321.jpg

[PR]
by jbucm | 2010-12-06 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)