カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


補腎壮陽スープ その①

こんにちは、周です。今回からは補腎壮陽スープを紹介します。

①当帰行血湯(当帰行血スープ)

功効:行気開鬱、袪風燥湿、活血止痛
材料:川芎6 北沙参10 当帰10 鶏肉200 豚もも肉100g 生姜10(単位 g)
調味料:塩 鶏ガラスープの素 適量
作り方:
①鶏肉・豚肉は大きめのサイズに切り、湯通をして、水できれいに洗い流す。生姜はスライスにする。
②川芎・北沙参・当帰は水で軽く洗い流す
③土鍋に、2000cc水・①②材料を入れ、大火(強火)で沸騰させた後、小火(弱火)で2時間位煮る
④塩・鶏ガラスープの素で味を調える

このスープは気血不足・病後虧虚、自汗などの症状がある婦人に良いです。
注意事項:陰虚火旺、舌紅口乾、月経過多、出血性疾病の者には、不適宜です。

附:川芎の薬膳作用
性味帰経 辛・温。肝・胆・心包経に帰経する
効能 活血行気、袪風止痛
主治 血瘀気滞、痛証。月経不調、閉経、痛経、産後瘀滯腹痛、肝鬱気滞、脇痛、打撲、瘡瘍痈腫、頭痛、風湿痺痛に用いる
用法用量 浸泡、蒸、煮、炖、燜、熬(薬膳の調理法)。3~10g
使用注意 辛温昇散なので、陰虚火旺、舌紅口乾、及び月経過多、出血性疾病の患者には不適宜。
f0138875_1741321.jpg

[PR]
by jbucm | 2010-12-06 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 植物の部位によって使う道が違う... 紅焼排骨と紅焼猪蹄 >>