カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


植物の部位によって使う道が違う―その③

 生薬では、同じ植物の違う部位を使うと、薬効が違います。

 葛根(かっこん)と葛花(かっか):葛根(かっこん)は、マメ科Leguminosaeのクズの周皮を除いた根です。性は涼、味は甘・辛で、脾胃に帰経します。解肌退熱ができ、表証の発熱・無汗・頭痛・項強(首が硬い)などに使われますが、生津止渇の効用もあるので、熱病の口渇や消渇にも使われます。なお、透疹と昇陽止瀉の効能もあります。葛花(かっか)は同じ植物の花で、性平味甘で、醒胃止渇・解酒毒の効能をもつので、酒酔いの嘔吐・口渇などに使われます。
f0138875_156519.jpg

 桑葉(そうよう)、桑枝(そうし)、桑白皮(そうはくひ)、桑椹(そうじん):みんなクワ科Moraceaeのカラグワの家族です。桑葉はその葉っぱ、桑枝はその若枝、桑白皮はそのコルク層を除去した根皮で、桑椹はその果実です。桑葉は味苦・甘、性寒で、軽くて上昇の性質を持ち、肝肺の風熱を清散する効用を持ちます。桑枝は味苦、性平で、経絡に入り、清熱散風の他に、通絡の効用を持ち、祛風湿にも働きます。桑白皮は味甘・辛、性寒で肺経に入り、下降の性質をもち、清肺消腫・止咳平喘の効用を持ちます。桑椹は、味甘・酸、性寒で滋陰養血の他に、生津・潤腸通便などにも使われます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-12-16 13:56 | 中医学 | Comments(0)
<< 年末年始休業のお知らせ 水蛭と楚恵王 >>