カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


植物の部位によって使う道が違う―その④

 生薬では、同じ植物の違う部位を使うと、薬効が違います。

 枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ):枸杞子は枸杞の成熟した果実を乾燥したもので、地骨皮はその根皮です。枸杞子は味甘性平で、滋補肝腎・益精明目の効用を持っています。地骨皮は味甘淡性寒で、清熱涼血の作用があり、特に退虚熱に優れで、陰虚内熱に使われます。
f0138875_1113455.jpg

 檳榔子(びんろうし)、大腹皮(だいふくひ):檳榔子は、成熟した種子で、大腹皮はその果皮です。檳榔子は味苦辛、性温で、効用は殺虫・消積・利気・行水です。大腹皮は味辛、性温で、効用は下気行水です。

 川楝子(せんれんし)、苦楝皮(くれんぴ):川楝の木の乾燥した成熟果実と樹皮です。二者の性味は皆寒・苦ですが、川楝子の効用は舒肝止痛と殺虫で、苦楝皮は毒あり、駆虫薬として使われますが、外用で頭癬や疥瘡の治療もできます。

 柏子仁(はくしにん)、側柏葉(そくはくよう):植物側柏の乾燥した成熟果実と枝葉です。柏子仁は柏実とも言い、味甘・辛、性平で、養心安神・潤腸通便の効用があります。側柏葉は味苦渋、性微寒で、涼血止血・祛痰止咳薬として使われます。なお、外用で脂溢性皮膚炎や抜け毛の治療もできます。

 益母草(やくもそう)、茺蔚子(じゅういし):植物益母草の乾燥した全草と果実です。益母草は味苦・辛、性微寒で、活血祛瘀・利尿消腫の効用をもち、月経不順などの婦人病によく使われます。茺蔚子は味甘、性微寒で、活血調経の効用を持つほかに、涼肝明目の効用もあるので、肝熱頭痛や目赤腫痛に適用されます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-01-13 11:16 | 中医学 | Comments(0)
<< 二至丸の由来 補腎壮陽スープ② >>