国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

二至丸の由来

こんにちは、周です。今回は方剤―二至丸の話です。

二至丸は臨床上で常用されている方剤です、女貞子・旱蓮草から組成されます。補腎養肝の効能があり、肝腎陰虚による口苦咽乾、頭暈眼花(頭のふらつき、目がかすむ)、失眠多夢、腰膝痠軟(腰・膝がだるくて無力)、下肢痿軟(痿証―筋肉萎縮)、遺精、早期の白髪に用いられます。

ここで二至丸の由来を紹介します。
明代末の安徽地区に、名前が汪汝佳という名医が居ます。彼は小さい頃から身体が弱く、身長も低くて、痩せてよわよわしいですが、聡明な男の子です。幼い頃、父親を亡くされました。父親の臨終の言葉:「不為良相、願為良医」(良い官僚になれなければ、良い医師をめざせ)が残りました。

汪汝佳は父親の遺志を継いで、医術(医学)に専攻し、数年後、現地に少々有名な医者になりました。長年の苦労で、先天不足も加え、不到40歳就未老先衰(40歳未満なのに、老け込んで、歳のわりに老けた容姿)、須髮早白(ヒゲ・髪の毛が白い)、頭目昏花(眩暈)、腰酸背痛(腰・背中が痛い)、渾身無力(全身がだるくて無力)。

ある日、生薬を採るため、弟子を連れて山へ行った汪汝佳は、泊った寺院の老僧と出会いました。その老僧は百歳で、耳聡目明(耳もよく聞こえ目もよく見える、頭がさえていることを形容する)、須髮烏黒(ヒゲ・髪の毛が黒い)、歩履矯健如飛(飛ぶように歩く、足が速い)、元気な姿でした。汪汝佳は老僧の「養生之道」を聞きました。老僧が寺院に植えていた女貞子の樹を指して、こう答えました:「取女貞子蜜酒拌蒸食即可」(女貞子の煎じる汁を濃縮し、蜜丸にし、飲めば良い)。その後、汪汝は老僧が言われた通り、女貞子を飲み続けて、尚且つ、自分が考えて、旱蓮草を配伍し(旱蓮草の煎じる汁を濃縮し、女貞子を蒸熟した後粉末にし、両者を混合して蜜丸にし、朝晩に飲みました)、薬効を増強させました、謂わば「二至丸」を完成しました。飲み続けて半年後、身体が回復し健康となり、精力も付けてきました。

4年間の歳月をかけて、4冊の著書があります。「二至丸」という方剤を≪医方集解≫に編集しました。
[PR]
by jbucm | 2011-01-17 15:53 | 中医学 | Comments(0)