中国の旧正月

今日は、旧暦のお正月です。中国では、普段はたいてい西暦を使いますが、お正月だけはやはり、旧暦の方が賑やかです。この時期は、大勢の出稼ぎの人は故郷へ帰省し、家族団らんや親族訪問し、色んな伝統料理や伝統劇などを楽しんでいます。

そして、大晦日の夜に、多くの家庭では、家で美味しい料理を食べながら、日本のNHKの紅白歌合戦のような番組を楽しみます。この番組は中国の中央テレビ局が開催される「春晩」と親しく呼ばれでいます、それは、「春節聯歓晩会(親睦パーティー)」の略称です。全国の有名な歌手や芸能人が集まり、夕方8時から、深夜1時ごろまで、5時間に渡って、大いに腕前を見せます。
f0138875_13421036.jpg

日本の紅白合戦との大きい違いが二つあります。先ずは、歌だけではなく、庶民に親しまれる「曲芸」、つまり、漫才や寸劇、サーカスや手品などもたくさんあります。もう一つ違いは、紅白(男女)で分けて演じないです。
f0138875_13423654.jpg

f0138875_13425829.jpg

中国の「春晩」も20年以上の歴史があり、時代の移り変わりによって、その人気さは少しずつ落ちる傾向があると言われますが、私は日本に来てから、それ観るチャンスが少なくなっていますが、やはり毎年、それに関心を持っています。

昨日も、ネットで2011年「春晩」の一部を観ることができました。面白かったです。そして、ちょっと驚きましたところは、今回、「草根」歌手(「草根」とは、英文のgrass rootsから来た単語で、民間的で、非主流の意味です)が登場の場面もあったことです。

写真は中国のネットから借りたものです。皆様にも楽しんで頂ければ、嬉しいと思います。

では、最後に、中国式の新年の挨拶をさせて頂きます:新年快楽!恭喜発財!

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-02-03 11:11 | 中国の話 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm