カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


菊花茶の飲み方

前回、菊普茶を紹介致しました。実は、中国に菊普茶より、菊花茶のほうが多く飲まれています。菊花は清熱解毒や明目の作用を持ち、なお独特な香りもありますので、みんなに愛用されています。中国のレストランは、どこでも菊花茶を出すことができます。普通のお茶屋にもたくさん売られていますので、私はよくお土産として、買ってきます。ここで、菊花茶の飲み方や入れ方を紹介しましょう。

先ず、体質と身体の状況に合わせて飲みましょう。菊花にアレルギーの人が稀にしか見られないが、アレルギー体質を持っている方は、最初に飲む時、1-2輪をお湯に浸してから飲んでみて、問題がなければ、通常の量で飲用しましょう。菊花は涼性なものなので、目が赤く眩暈する人、喉が痛い、「肝火上炎」タイプの高血圧の人にとても相応しいが、「脾胃虚寒」で下痢し易い人、普段寒がりで手足が冷える人は多く飲まないほうが良いです。
f0138875_1402379.jpg
入れ方ですが、一人で飲む場合は、透明なガラスコップに5~6輪の菊花を入れ、お湯を注ぎます。数人で飲用する場合は、透明な急須に一撮み菊花を入れて、お湯を注ぎ、3分間浸してから小さめなガラスコップに入れます。

紅茶と同じく、菊花茶に氷砂糖を入れると口当たりがとても良いです。しかし、糖尿病患者や血糖値が高い人は、氷砂糖を入れないほうが良いです。なお、脾虚の方も甘過ぎるものを食べる(飲む)と、口の中粘々になったり、酸っぱい感が出たりして、唾液が多くなります。氷砂糖の代わりに、蜂蜜を使っても美味しいです。

なお、毎回一撮みの枸杞子を加えると、見た目も綺麗し、味も一層美味しくなります。滋養肝腎の効果も期待できますので、目の疲れや、かすみ目の場合、是非、飲んでみて下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-03-10 11:28 | 中医学 | Comments(1)
Commented by 梅崎 at 2017-02-26 18:57 x
菊花茶の入れ方で質問です。

1人分5~6輪の花で、何回くらい入れられますか。
1回だけで、次の杯は、また新しい菊花を入れるのでしょうか。
<< 緊急連絡 補腎壮陽のスープーその④ >>