カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


神農

こんにちは、周です。神農の話です。
f0138875_18155034.jpg


神農は神農氏・炎帝・烈山氏とも呼ばれています。伝説によりますと、古代中国の人々が、まだ漁撈と狩猟しか食べ物を得る術を知らなかった頃、神農氏は始めて、木を用いて鋤(耒耜)を作り、民衆に農耕を教えました。清代の馬*(馬に粛)が書いた≪繹史≫巻四に≪周書≫を引用しています:「神農之時、天雨粟。神農遂耕而種之、作陶冶斧斤、為耒耜鋤耨。以墾草莽。然後五穀興助、百果蔵実」。

後世から「医薬之祖」を奉ぜられました。神農が百草を嘗める神話は大昔から伝われて、古文書の記述が多いです。≪史記・補三皇本紀≫には、「神農氏作蜡祭、以赭鞭鞭草木、嘗百草、始有医薬」とあります。≪淮南子・修務訓≫にも、「神農嘗百草之滋味、一日而遇七十毒」。晋代の干宝の≪搜神記≫巻1には、「神農以赭鞭鞭百草、尽知其平毒寒温之性、臭味所主、以播百穀」と記されています。

これらの記述から覗えるのは、神農の人間愛に裏打ちされた人々への献身であります。後世の人々は、彼の功績讃える為、後漢時代に編集された、中国最初の薬用植物学(本草)の本を、神農の名を冠して、≪神農本草経≫と称しました。

神農氏は「農耕之祖」であると同時に「医薬之祖」でもあると言えるでしょう。
[PR]
by jbucm | 2011-05-16 18:13 | 中医学 | Comments(0)
<< 女性生理周期の四段階の食養生法(四) 女性生理周期の四段階の食養生法(三) >>