カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


阿膠を使った薬膳方

阿膠(あきょう)は、馬科の動物ロバの皮を水で毛など漂ってから煮て作った膠(にかわ)です。古くから、中国の山東省東阿県に産する膠でこの名付けられました。驢皮膠(ろひきょう)とも言います。阿膠の補血作用が良いです。血液中の赤血球とヘモグロビンの生成を促進する作用があるため、血虚治療の「要薬」とされます。なお、顕著な止血作用もあり、各種の出血症にも適用されます。故に、歴代の医家に補血・養血剤や、各種の出血症を治療するに必ず備えなければならない生薬とされます。特に多くの婦人科疾病に特殊な効果があります。

ここで、阿膠を使った薬膳方を幾つ紹介しましょう。

一、首烏阿膠たまごスープ
材料(1人分):製首烏10g、たまご2個、阿膠10g、調味料適量。
調理方法:①たまごを硬くなるまで茹で、皮を剥き、包丁でたまごの白身に切り口を付けます。
②首烏を綺麗に洗い、焼かんに入れ、水を加え、①と一緒にとろ火で30分位煮詰めます。
③阿膠と調味料(葱・生姜・塩・ごま油・味の素など)を加え、さらに2分ほど煮込みます。
出来上がったスープを飲み、たまごを食べます。一日一回。
効能効果:滋陰補血・潤腸通便。特に産後の便秘に適宜です。

二、阿膠鷄
材料:阿膠30g、めんどり(雌鶏)1羽、調味料適量。
調理方法:①めんどりをきれいに洗い、一口大きさに切って、熱湯でさっと湯通しします。
②鍋に①と水を入れ、とろ火で肉が軟らかくなるまで煮込みます。阿膠を加え、塩と料理酒などの調味料を加え、さらに1~2分程度煮込みます。
出来上がったスープを飲み、鶏肉を食べます。一週間に2~3回食べると良いです。
効能効果:滋陰補血。体質の増強できます。産後の気血虚弱や、心悸不眠などに適宜です。

三、阿膠蓮米糯米のご飯
材料:阿膠、蓮米(蓮の実)各15g、糯米50g、調味料適量。
調理方法:蓮米と糯米を綺麗にあらい、お椀に入れます。水と阿膠を加えてから蒸します。
出来上がったご飯を食べます。一日に1回食べると良いです。
効能効果:補腎安胎。肝腎不足による切迫性流産や習慣性流産などに適宜です。

四、阿膠豆乳
材料:阿膠10g、豆乳150ml、砂糖適量。
作り方:豆乳を沸騰させます。阿膠を入れて溶かし、砂糖で味を調えます。一日に2~3回飲みます。
効能効果:益気養血。産後の血暈(めまい)に適宜です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-06-09 10:37 | 中国の薬膳 | Comments(1)
Commented by 根本武雄 at 2012-04-22 19:16 x
はじめまして。NPO法人 一億健康の会 理事長 根本武雄と申します。
2012年5月20日に 安保徹・茅原紘教授の講演会を行います。発芽玄米についても講演いたします。本当の発芽玄米は、100%はざがけ天日干し有機栽培(自然農法であれば最良)発芽玄米でなければならず、それは、細胞を活性化させますので 全ての病気に効果があります。効果が大きい為、強い好転反応が起きますので 要注意です。現在の日本の玄米は、99%が人工乾燥である為、市販の発芽玄米が 本当の発芽玄米かどうかは疑問です。人工乾燥の玄米は、高熱乾燥で 死に玄米・やけど玄米 である為 正常発芽しません。効果はありません。玄米には、フィチン酸塩とアブシジン酸の二大毒素があります。また 何時でも 圧力鍋、電子レンジの使用は禁忌です。それ等は 食物の正常細胞を破壊し、発がん性物質のアクリルアミドも産生します。ヒトの細胞は間接的に損傷を受けます。(癌治療には紅豆杉茶(こうとうすぎちゃ)も効果的です。)*はざがけの乾燥過程を人工的に行うことは不可能です。詳細は  http://ichioku.b.la9.jp  メールは  hatuga@mbe.nifty.com  です。
<< 武則天と医事 薬引子と朱元璋 >>