武則天と医事

こんにちは、周です。今回は武則天と医事を紹介します。

武則天頂礼謝医
唐高宗は眩暈病を患い、ある日発症しました(頭暈目眩、目が開けたくない)、太医の秦鳴鶴を招致して診察を受けました。秦鳴鶴は唐高宗を診察後、こう言いました:「風熱之毒攻頭目、若用針点刺頭部出血即能治癒」(風熱の毒が上部の頭や目を攻めて行ったので、もし針で頭を刺し、放血すれば、即に治ります)。カーテンの後ろに居た皇后武則天は、カンカンになって、秦太医にこう言いました:「你該殺頭!皇帝的頭能放血嗎(あなたは死罪に該当する、皇帝の頭は放血できるか)」。秦太医は慌てて皇帝の前に跪いて哀願しました。皇帝は、こう言いました:「太医は弁証論治をしてるので、言ったことが間違いないと思う、しかも今私の頭・目が我慢できない程痛くて、放血されたらよいかもしれない、私は決意したので、安心して針を刺して下さい」。秦太医は直ぐ「百会」「脳戸」という穴位を刺し出血させました。放血させられた後、皇帝の眩暈病が治りました。
皇后武則天は直ぐにカーテンの後ろから出てきて、自ら沢山の精製されたシルク製品や珠宝(真珠や宝石類の装飾品)を背負って、謝礼として、秦太医に贈りました。
[PR]
by jbucm | 2011-06-13 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm