国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

外治法の起源

こんにちは、周です。今回は外治法の起源についての話です。

原始按摩法
原始人の住居は、現在と違ったものでありました、狭く・暗くて・湿気あり・滑り易い洞窟でした。そんな暮しは、移動の為に転倒したことが多くなります。彼らは損傷された関節周辺の軟組織を、また野獣との格闘で怪我を、自分の手で撫でたり、擦ったりにします。その簡単な「手当」が、外傷による瘀血を散らし、腫れを引かせ、痛みを和らげることができました。損傷や怪我の程度により、仲間の手助けを借りる、謂わば「手当」を施すこともあります。今見れば、これらの行動や手当は簡単なものでありますが、当時の原始人にとっては、これは外傷治療の大切な方法でした。後世の按摩・推拿法は、まさしくこの「手当」法を基として発展したものであります。

原始止血法
原始人が食べ物を求め、山野を駆け巡るうちに、切り傷・擦り傷を負うことは少なくありませんでした。そんな時、彼らは手や指で局部を圧迫したり、草や木の葉で傷口を覆い・塗りつけたりしました。長年、このような処置をし続けるうちに、ある種の植物は止血作用・消炎作用があることに気付きました。

原始熱熨法
北京原人の洞穴から、焼き焦げた石が発見されました。これらの石は、原人たちが、自分の身体の部位をあてて温めたものではないか……と推測されています。このように、焼き石で暖を取ることを続けているうちに、寒邪・湿邪による疾病に効果があることを気付きました。

原始灸治法
原始人が、火の利用を覚える過程で、不用意に火傷を負うことも少なくありませんでした。その火傷の痛みは、時に耐えないものでありますが、他の疾患の苦痛を和らげることがあるという奇妙な体験をした人も居ました。彼らは、その体験から、次第に有る種の植物の枯れた葉・茎を燃料として、局部に温熱刺激を与えることで疾病の苦痛を癒やすことがわかるようになりました。

原始刺鍼法
皮膚に発赤・腫れ・膿疱などを、石の尖端部分で膿疱を破り、膿を出し(排膿)ました。その道具が、次第に進歩して、医療専用の石器具―砭石を創り出されました。

原始外科手術
李濤が書いた≪原始社会学≫によれば、原始人たちは、しばしば石刀を用いて腹部切開・卵巣切除・四肢切断・耳鼻穿孔・開頭などの外科手術をやりました。中国各地の新石器時代に属する遺跡から、頭蓋骨に開頭され・癒合した痕跡あった化石が数多く発見されました。ちなみに、ある少数民族の中には、劇烈な頭痛の治療に、今でもこの種の開頭術(原始社会の段階に留まっています)を行っている部族があります。
[PR]
by jbucm | 2011-06-27 09:50 | 中医学 | Comments(0)