ストレス解消できるスープ

こんにちは、周です。ストレス解消の効果があるスープを紹介します。

1.玄参麦門冬痩肉湯(玄参・麦門冬と豚の赤身肉のスープ)
効能:清熱瀉火・利咽
材料:豚の赤身肉500g 、玄参・麦門冬各25g,、蜜棗10個 塩適量
作り方:豚の赤身肉は水で洗い流し、食べやすいサイズに切り、お湯を通します。玄参・麦門冬は1時間位水で浸けます。上記のものを土鍋に入れ、2000cc水を加え、沸騰しましたら、弱火で2時間煮込みます。塩で味を整えます。
このスープは寒涼ですので、胃寒・脾虚泄瀉の者は不適宜です。

麦門冬は甘・微苦微寒で、肺・心・胃経に帰経します。潤肺養陰・益胃生津・清心除煩の作用があります。
玄参は苦・甘・咸・寒で、肺・胃・腎経に帰経します。清熱・解毒・養陰の作用があります。

2.銀耳西洋参※(保の下に火)猪腱(白木耳・西洋人参と豚のもも肉の煮込み)
効能:滋陰潤燥・清熱生津
材料:豚のもも肉500g 、白木耳・西洋人参各25g,、大棗10個 塩適量
作り方:豚の赤身肉は水で洗い流し、食べやすいサイズに切り、お湯を通します。白木耳は水で戻し、適当の大きさに分けます。上記のものを土鍋に入れ、3000cc水を加え、沸騰しましたら、弱火で3時間煮込みます。塩で味を整えます。
このスープは睡眠不足による虚火上昇の者に最適です。胃寒による疼痛(胃痛)も者には禁忌です。

白木耳(銀耳とも言います)は甘・淡・平で、肺・胃・腎経に帰経します。滋補生津・潤肺養胃の作用があります。
西洋人参(花旗参とも言います)は苦・微甘・寒で、心・肺・腎経に帰経します。補気養陰・清火生津の作用があります。
[PR]
by jbucm | 2011-07-18 14:06 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm