カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中国三千年の中薬美肌古方①


  中薬美容は、中国で三千年以上の歴史があり、いろんな綺談が残されています。三国時代に、東呉の孫権の息子が寵愛する鄧夫人がある日にうっかりして顔が包丁に切られ、大きな切り傷を残した。医師が白獺の脊髄と琥珀・朱砂などの中薬を調合し、鄧夫人の切り傷に塗りつけたら、傷跡が残さず、しかも顔色が前より白くなり、より妖艶になった話がありました。また、唐玄宗李隆基の娘である永楽姫は、若い時から顔が干からびて、肉付きがとても悪かったが、「安史の乱」で陝西省大荔県の白沙苑の辺りに流浪し、そこで常に当地の蒺蔾茶を飲んでいた。2~3年経ったら、なんと容姿秀麗な美人となった話もありました。数千年以来、歴代研究の積み重ねで、中薬美肌方は、もう中国医薬宝庫の中にきらきら輝く一本の珍しい花となっています。

 今日から、2~3回に分けて、中薬の美容方を幾つ紹介しましょう。

一、単味美肌方
1.当帰美肌:当帰は、腸胃・筋骨・皮膚を潤し、活血・補血の作用があります。中医では、当帰が「沢膚(皮膚に光沢を与える)、生肌(新しい肌を作りだす)」と「皮膚渋痒(皮膚の乾燥と痒み)を治す」の効用あると認識しています。現代研究では、当帰に多くのビタミンA、ビタミンB12、ビタミンEや人体の必須アミノ酸などの栄養素が含まれると分かりました。人体の新陳代謝や内分泌機能を促進、皮膚の乾燥、カサブタ、痒みなどの予防と治療によく使われます。常に当帰の煎じ液を飲むと、皮膚に光沢を与え、しなやかな肌を求められます。

2.人参美肌:薬用の人参は、補気・生津・安神・益智の効用があります。現代研究では、大量な人参サポニン・ジンセノサイドが含まれ、機体の新陳代謝を促進し、皮膚を滋潤と栄養作用があります。皮膚の脱水・老化・しわを予防し、皮膚の弾力を強め、肌の老衰を遅らせることができます。

3.蜂蜜美肌:蜂蜜は美容の聖品です。清熱解毒・補中・潤燥・止痛の作用があります。現代研究では、蜂蜜は皮脂腺の異常分泌を減少し、皮膚の新陳代謝を改善し、血液循環を良くさせることができ、皮膚をしっとりさせます。一日30gぬるま湯で薄めて飲むもとをお薦めです。或は、蜂蜜を使って洗顔すると、ツルツルな肌を保つことができます。なお、清熱解毒(抗炎症)効果があるので、ニキビや吹き出物にも外用できます。方法は、綿棒で蜂蜜を直接患部に塗りつけ、20~30分後、ぬるま湯で薄めた蜂蜜を使って10分間マッサージしながら洗顔し、最後に水で綺麗に流します。この場合は、内服と外用を合わせて使うとより効果を得られます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-07-28 09:59 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習会(その1) 平成23年10月生募集説明会 >>