西瓜皮の和え物と绿豆の粥

西瓜の皮の清熱解暑と利尿の作用は、その赤い部分より強いです。中医では西瓜翠衣と呼び、腎性浮腫みや消渇に、現代では高血圧などにもよく使われます。民間では、清熱解暑の宝物として西瓜翠衣を愛用し続けています。
f0138875_1222182.jpg
日本の西瓜は中国より10倍ぐらい高いです。しかし、暑い日にはどうしても食べたくなります。我が家もほとんど毎日食べています。西瓜の皮を多くの時は捨ててしましました。時間のある時や、湿度が高くて、蒸し蒸ししている時に、私はそれを涼拌(liang ban 日本の和え物に似ている料理方法)して食べます。清熱利尿の効果を求められますし、さっぱりした味なので、食欲を引き出してくれますよ。ご興味がありましたら、是非試してみて下さい。

材料:西瓜の皮 1/6切、塩・砂糖・お酢・ごま油・味の素各少々。

作り方:
① 西瓜の皮の一番外側の硬い部分(グリーンの部分)を丁寧に剥いて、スライスし、少々の塩を振り、軽く混ぜる。30分位漬けて置いてから、出てきた水分を捨てます。

② ①に砂糖・お酢・ごま油・味の素各少々加え、軽く混ぜたら、出来上がり。一晩冷蔵庫に冷やして置くと、味が芯まで浸み込まれて、一層美味しく感じられます。

③ 辛い味が好きな場合は、七味やラー油などを加えると、また違う風味を楽しめます。なお、寒涼と温熱のバランスが取れて、脾胃虚寒の方によいです(写真の下は辛くしたものです)。

私は、もともと料理の下手な人です。今でも本当に簡単なものしか作れません。料理の際、いつも手抜きしてしまいますが、ストレスがなくて楽しくできますよ(笑~)。私は、毎日のすることを楽しくするのも大事だと思っています。勿論、前提は、栄養のバランスを考え、季節や体質に合わせて食材を選ばなければならないと思います。

ついてに、今朝食べた緑豆の粥もアピールしましょう。こちらも清熱解暑によいので、我が家朝食の食卓によくでるものですよ。
f0138875_1224592.jpg

材料(4人前):緑豆100g(1/2合)、米60g(約1/3合)、砂糖大さじ6杯。

作り方:緑豆と米を洗い、炊飯器に入れ、水は粥の1.5合まで入れます(水が少ないと濃すぎます)。粥作りを選択し、スイッチをプッシュすればOKです。

私は、いつも前日就寝の前に作り、そのまま数時間保温して置きます。翌朝起きたら、炊飯器のスイッチを切り、できたお粥に砂糖を多めに入れ(好みによって調整して下さい)、お玉杓子で同じ方向でかき混ぜます。暖かいうちでも、冷やしてからでも、美味しく頂けます。

効用:緑豆――味甘、性寒です。清熱解毒、消暑利尿作用があります。「一物全体」なので、緑豆の皮もそのまま食べたほうが良いです。


(李)
[PR]
Commented by ニシノ at 2012-06-22 11:26 x
李宏先生、こんにちは。

4月に卒業した西野です。

緑豆粥、作ってみました。
炊飯器で簡単にできますね☆
味は小豆粥みたい。
色が小豆色じゃないけど(^^ゞ

西瓜の皮の和え物も美味しいです。

また、簡単な中国の家庭料理をご紹介下さいね(^^)/~~~
Commented by jbucm at 2012-06-28 16:27
西野様、こんにちは、ご無沙汰です。お元気ですか。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございました。

私は、最近手作り料理を怠けていて、本当に手間が掛からないもの、しかも同じものをばかり作っています。とくに最近出張などで、あまり台所に立っていまんね(^0^)/~~~

また、落ち着きましたら、是非紹介したいと思いますので、宜しく、お願いいたします。

(李)
by jbucm | 2011-08-04 12:26 | 中国の家庭料理 | Comments(2)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm