カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中国三千年の中薬美肌古方③

三、薬粥美容の参考方
1.豊肌潤膚粥:熟地黄、枸杞子各20g、甘菊花10g、鶏の挽肉100g、梗米60g、精製塩、生姜末、味の素、ねぎのみじん切り各適量。

まず、熟地黄、枸杞子、甘菊花を煎じで汁を取って置きます。次は、梗米と鶏の挽肉を混ぜて、上記の煎じ汁を使い、とろ火で粥を作ります。最後に塩、生姜末、味の素、ねぎを加えて完成します。毎日、朝食として暖かい内に食べます。20日を1つに療程したら、5日間休み、次の療程を始めます。この粥の効用は、滋補気血、豊潤肌膚なので、美肌美顔の目的を果たせます。

2.養顔補血粥:当帰10g、川芎3g、黄耆5g、紅花2g、梗米100g、鶏ガラスープ1000cc。当帰、川芎、黄耆、紅花の煎じ汁を取ります。煎じ汁と鶏ガラスープで粥を作ります。数回に分けて食用します。この粥は補血・理気・祛瘀の効用があり、常に食べると、顔色が綺麗になり、シミやソバカスをなくすことができます。

3.酸棗仁桂園粥:酸棗仁の粉末30g、桂園肉15g、梗米100g、黒砂糖10g。上記のものを水で粥を作ります。酸棗仁は二重のガーゼで包み、粥が出来上がったら取り出します。粥を朝食として暖かい内に食べます。この粥は補益心脾・養血安神の効果があり、顔色を良くし、肌を潤すことができます。特に心脾気血不足により、顔色が悪い、肌が乾燥している場合に適応です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-08-25 10:45 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習会(その4) 夏季講習会(その3) >>