カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中薬の服用時間を重んじる


一般的に、午前9時と午後3時頃は、身体が薬を吸収するプライムタイムです。この時は中薬を服用するベストタイムと言われています。

然し、勤めている人は、なかなかこの時間に薬を飲むことが難しいのは、現実です。なので、朝晩の食前に飲むように指示されるケースが多いです。

実は、異なる薬性の中薬に、服用のタイミングを重んじられなければなりません。例えば、虚証や胃腸の疾患を治療する薬は食事の30~60分前に服用し(補益薬をより吸収し易い、胃腸薬の場合はより直接胃腸に作用するためです)、心肺などの疾病を治療する薬は食事の30分後に服用するのが良い(薬物が胃腸への刺激を減少するため)です;なお、助消化の薬も食後に服用すべきです。瀉下通便の薬物なら、食前空腹の時に服用を薦めます。特に大黄や麻子仁などは、夜間の服用を避けたほうが良いです;駆虫薬は朝空腹の時に服用すべきですが、逆に安神薬は寝る前に服用すべきです。

なお、「暖かいうちに飲む」のは多くの人が中薬服用の習慣となっています。実は、全ての中薬は「暖かいうちに飲む」ではありません。勿論、一般的な中薬は「温服」し(つまり、煎じた後、常温で30~37℃まで冷ましてから飲む);丸剤や散剤などでは、ぬるま湯で飲みます;発散風寒の解表剤なら、「熱服」すべきで、服用後暖かい粥や水を飲み、薬力を助けます;止嘔剤、清熱解毒剤などは、刺激を避けるため、「冷服」すべきです。

殆どの煎じ薬は苦いです。「良薬は口に苦し」は周知される言葉です。多くの人は煎じ薬の中にたくさんの砂糖などを入れてから飲みます。実は、それは良くありません。一部の病証は砂糖を禁忌される場合もあります。例えば、舌苔厚膩、腹脹中満、湿熱内阻などの症状がある人に出された化湿理中の中薬に甘い砂糖を入れると、泣き面に蜂となります。実は、煎じ薬を36.2℃の時に服用すると苦味が一番感じないと実験で明らかにしたと言われています。

(李)
[PR]
by jbucm | 2011-09-08 13:46 | 中医学 | Comments(0)
<< 中秋節 三根湯の伝説 >>