カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


補腎壮陽のスープーその⑤

こんにちは、今回は補腎壮陽のスープーその⑤を紹介します。

⑤補骨痩肉湯(補骨脂と豚赤身肉スープ)

功効:補肝腎、強筋骨
材料:豚赤身肉200g 補骨脂10g、 菟絲子15g 大棗10個
調味料:生姜・塩 適量
作り方:
①豚赤身肉はブツ切り、湯通をして、水できれいに洗い流す
②補骨脂、 菟絲子、大棗を、水で軽く洗い
③上記材料を鍋に入れ、適量水を加え、武火(強火)で沸騰させ、生姜を入れ、再沸騰させた後、文火(弱火)1時間煮る
④塩で味を調える

このスープは特に腎陽虚の者に適応します。
注意事項:陰虚火旺、大便乾結の者は禁忌です。

補骨脂(別名:破故紙)と菟絲子の薬膳作用を紹介します。
補骨脂
性味帰経:苦、辛、大温。帰腎・脾経
効能:補腎壮陽、固精縮尿、温脾止瀉
主治:脾腎陽虚泄瀉。腎陽不足による腰膝冷痛、陽萎、遺精、頻尿。腎不納気の虚喘。
f0138875_1421452.jpg

菟絲子
性味帰経:甘、辛、平。帰肝・腎経
効能:補陽益陰、固精縮尿、明目止瀉
主治:腎虚腰痛、陽萎、遺精、頻尿、帯下諸証。肝腎不足による視力減退。脾腎虚弱による胎動不安(自然流産)。脾虚便溏(軟便・下痢)。肝腎不足による消渇病。
f0138875_14223240.jpg

[PR]
by jbucm | 2011-09-19 09:02 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 針灸で認知症を予防と治療の方法② 針灸で認知症を予防と治療の方法① >>