カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中医薬と人体免疫③

中医薬と人体免疫③
                               北京中医薬大学教授 高 春媛

六、臨床で良く見られる自己免疫性疾患(AID)
自己免疫性疾患(AID)とは、免疫システムが自身の成分に対して免疫応答を発生して、自身の損傷を引き起す疾病です。
AIDの特徴:多数の場合は原因不明で、「自発」のものです;血液の中に自身応答性Tリンパ球が見つけられます;女性に多発、加齢により発病率が高くなり、遺伝傾向があります;重複発生の可能性があり、同時に一種類以上のAIDを患います;繰り返し発作し、引き延ばすケースもあります;免疫抑制治療で効果があります。
臨床で良く見られる自己免疫性疾患(AID)は次です:橋本氏甲状腺炎、自己免疫性貧血、Ⅰ型糖尿病、重症筋無力症、多発性脱髄症、リューマチ性関節炎(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)など。

七、臨床で良く見られる免疫欠陥性疾患(IDD)
免疫欠陥性疾患(IDD)とは、免疫システムの中、一種或は多種の成分が欠乏で、免疫機能低下或は欠乏を引き起す疾病です。
IDDの特徴:病原体に対する感染し易く、繰り返し・持続的な感染が発生します;悪性腫瘍の発生率が高い(100~300倍);自己免疫性疾患の発生率が高い;遺伝傾向が顕著です。
臨床で良く見られる免疫欠陥性疾患(IDD)は次です:
B細胞欠陥(IDDの50~75%占めます)、伴性低ガンマグロブリン血症、伴性高IgMシンドローム、IgA・IgM欠陥症など;
T細胞欠陥(IDDの5~10%占めます)、先天性胸腺発育不良(胸腺機能欠乏)症など;
聯合免疫欠陥(IDDの10~25%占めます)、重症聯合IDD、毛細血管拡張性共済失調症など;
食細胞欠陥(IDDの1~2%占めます)、慢性肉芽腫症など;
補体欠陥(IDDの1%以下占めます)、補体調節分子欠陥症など。

八、免疫疾病の発病機制
抗原(細菌・ウイルス・寄生虫などの感染、食物、薬物、花粉や化学物理品などの接触)→抗体産生→免疫反応(抗原と抗体が結合し、病理産物を発生し、身体に堆積する)→免疫応答(堆積したものを排除する反応)→臨床症状(それぞれ標的器官や組織が免疫応答にさまざまな症状が発生)。

九、現代医学の免疫療法
1、免疫予防
人工能動免疫:数回に分けて抗原を使い、人体を刺激し、免疫保護を成立させます。ワクチン接種などの方法があります。特徴は、免疫産生は遅いが、維持時間が長いです。よって、伝染病の予防ができます。
人工受動免疫:免疫効果物質の抗体を使い、免疫保護を成立させます。特徴は、免疫産生は直ちになりますが、維持時間が短いです。治療及び救急の場合に適応です。

2、免疫治療
免疫疾病の治療は現代医学で洋々たる前途のある分野です。まだ成熟されていないが、幾つの有効な方法が認められています。
免疫細胞治療:造血幹細胞移植(骨髄移植、臍血移植など)、効果細胞を活性化(NK細胞など)。免疫欠陥病、悪性免疫増殖病、再生不良性貧血、腫瘍などの治療に用います。
免疫干渉製剤:免疫調節剤(インターフェロン、白芥素など)、免疫増強剤(生物製剤、BBG、多糖類、転移因子、胸腺ホルモンなど)、免疫抑制剤(化学合成物質、グルココルチコイド、クロズツグルコシドなど)が含まれます。自己免疫性疾病、感染性疾病、腫瘍などの治療に用います。なお、免疫応答を増強し、免疫欠陥病の治療もできます。

(訳:李)
[PR]
by jbucm | 2011-11-24 11:32 | 中医学 | Comments(0)
<< 2011年度国際中医師能力認定... 国際中医薬膳師・調理師能力認定... >>