国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

名医楹聯(対聯)

こんにちは、周です。今回は名医楹聯(対聯)を紹介します。

楹聯は中国伝統文化の特独な表現であります。母屋の正面にある2本の柱に掛ける対聯です。対聯については、2008年12月28日のブログ記事をご参照下さい。

「但願人皆健、何妨我独貧」
浙江の名医―范文甫(1870~1936年)が書いたものです。范文甫は一時大いに名を上げられた人物であり、気前が良く、物惜しみしなく、金を出して人助けをします。長年、貧困な人に無償で診察・薬を提供していて、行医(医者をやる)数十年、当地の名医なのに、自分の資産は余りなかったです。

「児女性情、英雄肝胆。神仙手眼、菩薩心腸」
江蘇の名医―章次公(1903~1959年)が弟子の朱良春に期した情の表しの同時に、自らを励ましてもあります。彼は若い時、上海中医専門学校で学ぶ、名医の丁甘仁・曹穎甫、国学太師の章太炎に師事しました。上海中医専門学校・中国医学院・新中国医学院・蘇州国医専科学校など教鞭を取り、新中国(1950年)成立後、上海市第五門診部に就任しました。

「十年読書、十年臨証。存心済人、存心済世」
遼寧の名医―馬二琴(1892~1969年)が書いたものです。上聯は為医之道(医道)であり、下聯は済生豪情(志、決心)であります。

「徐霊胎目尽五千巻、葉天士学経十七師」
名医―程門雪(1902~1972年)が書いたものです。この対聯は広く伝播されています。医家に成る要因は2つがあると概括してありますー本を沢山読むことと師事する先生が多いこと。徐霊胎・葉天士という両先生は千古模範であることが言えます。

「士先器識而後文章、医先品徳而後学問」
四川の名医―冉雪峰が書いたものです。生家は医家である、12歳から父親に連れられ、生薬を採りに行き、17歳で独立して、故郷で開業し、38歳で湖北武昌で診療所を開きました。1907年から湖北医学館館長を歴任し、1919年湖北省中西医会第一任会長に選出され、≪湖北省中医雑誌≫を創刊し、編集も兼任しました。

「人之有恒成良医、人之無恒便成庸」
江西の名医―許寿仁(1904~1970年)が書いたものです。1947年、江西中医学校を創立し、「勤読精研」という校訓を制定しました。常にこういうふうに学生を訓戒しめる:医乃活人術、莫作謀生計。

「一勤天下無難事、百忍胸中有太和」
無錫の名医―朱興宝(1873~1950年)が書いたものです。

「薬有君臣千変化、医無貧富一般心」
福建の名医―盛国栄が書いたものです。
[PR]
by jbucm | 2012-01-30 09:30 | 中医学 | Comments(0)