カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』について④

四 『黄帝内経』の学術体系

『黄帝内経』では、先人の豊富な医療経験と知識をまとめ、理論まで昇華させ、系統的な医学理論を形成させたもので、さらに医療実践に制御し、中国の伝統科学の中、生命の規律を探り及び医学応用する一つ学問となった。それが、『内経』の学術体系と言う。

『内経』の学術体系の形成は、医療実践の観察及び検証を基にして、古代の自然科学と社会科学の知識を浸透したもので、その中の哲学では、総合整理と理論の昇華作用を発揮された。『内経』の学術体系は中医学の基本概念を確立し、理論と臨床規範を築き上げ、独特な医学方法を形成したものであると言い過ぎない。

 まずは、医療実践。古人は長い日常生活の中、ヒトの生命現象を観察し、蓄積した豊富な生理活動及び疾病現象が、学術体系を築き上げる基礎と素材となった。そして、繰り返し臨床の検証も行っていた。

 次は、古代科学の浸透。古代の伝統的自然科学の原理と方法は中医学術体系形成の手本と啓発となっていた。天分暦法、地理学、気象学などはその代表である。例えば、『周易』の意象思惟は「物を審察、別異比類、慧然独悟」三段階あるが、『内経』の中では、主に「取象比類、運数比類」二つの方面が運用された。

 また、古代の哲学思想の影響も受けた。春秋戦国時代は「諸子蜂起、百家争鳴」の時代で、唯物主義哲学は道家、儒家、墨家、法家、陰陽家、名家、兵家など大勢の学派に発展し、中国の歴史上に学術思想が最も活躍した時代であり、これらの思想は医学理論の形成にも土台となっていた。例えば、陰陽家の思想にある「先兆徴候を重視する」と「四時規律を順応する」という二つ重要な特徴が中医学理論に取り入れてある。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-02-16 10:20 | 中医学 | Comments(0)
<< 韮とレンコン 十大名花十味薬 >>