国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

韮とレンコン

こんにちは、周です。今回は養生に良い食材―韮(ニラ)と藕(レンコン)の話をします。

中国民間では、「男不離韮、女不離藕」という諺があります。その意味は、男がニラ(韮)をよく食べ、女がレンコン(藕)をよく食べます、そうすると、身体(健康)に良いです。

韮は中国特有の野菜です。韮が切っても再び伸び、長生き衰えないから「長生草」とも称され、陽気が振奮できますので、男性には適宜とし、「起陽草」「壮陽草」とも呼ばれます。現代研究も証明されています:韮はβカロテン(ビタミンA)、ビタミンB群・C・E、硫化アリル、食物繊維など営養成分が含まれ、食欲促進・機体免疫力を高め、殺菌消炎作用があります。血脂を調節し、高血圧、冠状動脈性心臓病、高脂血症を補助治療もできます。粗繊維が豊富ですので、胃腸蠕動を促進し、習慣性便秘・大腸癌の予防できます。
f0138875_1553997.jpg


藕は蓮(ハス)の地下茎が肥大したものであり、中国原産とされ、常用される食材です。炭水化物が多く含まれていますので、穀物類としても使われています。中医学では、止血(鼻血・血尿・血便・子宮の出血)に有効だと認識しています。女性の特殊な生理機能から見ると「血証」に罹り易いですので、藕は女性に良いです。≪本草綱目≫に、こう記載しています:藕可破産後血悶。但し、産婦の産後直後には、暖かいものを摂取したほうが良いですので、生の藕は産後1~2週後に食べると良いです。加熱後、散瘀止血作用が弱まり、養胃滋陰・益血・止瀉作用が増し、普段食材として使っても良いです。
f0138875_151087.jpg


韮・レンコンの薬膳作用を紹介します。

性味帰経:辛温。腎、肺、肝経に帰経する
効能:補腎、温中、行気、散瘀、解毒
主治:腎虚陽痿、胃寒腹痛、噎膈反胃、胸痹疼痛、衄血、吐血、血尿、痢疾、痔瘡、痈瘡腫毒
注意事項:陰虚内熱及び瘡瘍の者は要注意です。

レンコン
性味帰経:甘寒。心、肝、脾、胃経に帰経する
効能:清熱生津、涼血、散瘀、止血
主治:熱病煩渇、吐衄、下血
ちなみに、レンコンは呉鞠通が著した≪温病条弁≫の「五汁飲」(梨、クロクワイ、鮮芦根、麦門冬、藕)に使われています。
蓮は部位によって、効能・用途も違ってきます。≪本草綱目≫に、こう記載しています:藕節止血、蓮心清熱、安神。蓮鬚固精止血。蓮房止血、袪瘀。荷梗通気寛胸、通乳。荷葉清暑、解熱。荷蒂安胎、止血。荷花清暑止血。
注意事項:①性は寒涼ですので、平素脾胃虚寒の者は生のレンコンを禁忌です。②調理する際、鉄制の鍋を使用しないことです。
[PR]
by jbucm | 2012-02-20 09:30 | 中医養生 | Comments(0)