カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


益智(知力をアップする)スープ その③

こんにちは、今回は益智(知力をアップする)スープ その③を紹介します。

③麦門冬痩肉湯 (麦門冬と豚もも肉のスープ)

功効:補脾胃、益智安神
材料:連子30 百合10 麦門冬12 豚もも肉200(単位g) 
調味料:生姜 塩 適量
作り方:
①豚もも肉を水で洗い、食べやすいサイズに切り、湯通をしておく
②連子、百合、麦門冬は軽く水で洗う、生姜はスライスにする
③上記材料を土鍋に入れ、1000cc水を加え、武火(強火)で沸騰させ後、文火(弱火)で1時間煮る
④塩で味を調える

このスープは脾胃虚弱、神疲健忘の者に最適宜です。

麦門冬の薬膳作用を紹介します。
性味帰経:甘・微苦。帰肺・心・腎経
効能:潤肺養陰、益胃生津、清心除煩
主治:肺陰不足による燥熱の乾咳・粘痰、労熱咳嗽・胃陰虚・熱傷胃陰、口渇咽乾、大便燥結、心陰虚、温病熱邪による心煩不眠、舌絳・乾。
注意事項:感冒風寒、痰飲湿濁による咳嗽、脾胃虚弱泄瀉の者には要注意です。
f0138875_10533811.jpg

[PR]
by jbucm | 2012-03-05 10:00 | 中医薬膳専科 | Comments(0)
<< 羊から発見された中薬-淫羊藿 『黄帝内経』について⑥ >>