カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(三)

素問・陰陽応象大論篇 第五③

【原文】寒気生濁、熱気生清①;清気在下、則生飧泄(そんせつ);濁気在上、則生*月へんに真)脹(しんちょう)②。此陰陽反作③、病之逆從④也。

【注釈】①寒気生濁、熱気生清:馬蒔の注釈によれば、「寒気は陰を主り、下降し、凝集で散らない、故に濁気が生ずる。熱気は陽を主り、上昇し、固まらない、故に清気が生ずる。」となっている。

②清気在下、則生飧泄;濁気在上、則生しん脹:「飧泄」とは、大便の中に未消化の食物が混ぜている、完穀不化のことである。「しん脹」とは、胸腹部の脹満のことである。張介賓の注釈では、「清陽主昇、陽気衰弱では、清陽が不昇になり、故に眩暈や腹瀉となる(益気昇陽は治療原則であり、李日東垣の「補中益気湯」、「升陽除湿湯」はその代表方である);濁陰主降、陰気が上に溜まったら、不降になり、故に痞証や臌脹となる」という意味である。

③反作:異常である。陽は上にあるべきが、下にあって、陰は下にあるべきが、上にあったことを「陰陽の反作」と言う。

④逆從:逆の意味である。上の「飧泄、しん脹」のことは、みんな陰陽の逆行のことを指す。

【訳文】寒気は濁陰を生じ、熱気は清陽を生ずる。清陽の気が下にあって上昇しなければ、腹瀉を引き起こし、濁陰の気が上にあって下降しないと、胸腹部の脹満の病を引き起こす。これは、陰陽が異常になる話し、つまり、陰陽の気が正常な状態と逆になっている話である。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-03-29 09:49 | 中医学 | Comments(0)
<< 日本校開校10周年記念式典 ストレス解消の効果があるスープ... >>